ゾロフト・ジェネリック(ルストラル スペシャル)100mg

¥4,256.00¥7,280.00

有効成分

セルトラリン100mg

医薬品メーカー

ファイザー

剤形

錠剤

1パックの内容

56, 84, 140

ルストラル スペシャル100mgは、抗うつ剤として知られている医薬品のクラスに属します。うつ病の治療と早漏防止のために使用されます。

商品コード: SKM213 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
56¥4,256.00
76
84¥5,460.00
65
140¥7,280.00
52

ルストラル100mgについて

本剤は、うつ病、社会不安、パニック発作、重症の月経前症候群の治療に使用されることが知られています。ルストラルは、選択的セロトニン再取り込み阻害剤として知られている医薬品のカテゴリに分類される抗うつ剤です。

SNRIは、神経伝達物質の再取り込みを予防することで、セロトニンとノルアドレナリンの産生を増加させる働きがあります。セロトニンは、気分を安定させる役割を担っている化学物質です。シナプス間隙によるセロトニンの再取り込みを抑制することで、脳をリラックスさせます。セロトニンとノルアドレナリンは神経伝達物質で、脳細胞は互いに情報のやりとり(伝達)をすることができます。

この薬を医師に相談せずに服用すると、悪影響を及ぼす可能性があります。【無オルガスム症(女性にオルガズムに至れない場合)、性欲減退、遅漏、疲労、発汗の増加(多汗症)、不眠症、吐き気、寝つきが悪い】のような副作用を防ぐため、医師に提供された処方量に従ってください。処方量は人によって異なります。

この薬は、食事と共に服用しても、食事なしで服用しても、問題ありません。安全面として薬をとる前に、健康的で、低脂肪食を食べる必要があります。過去に服用していた薬と現在の健康を医師に伝えることで、適当な投薬量を処方してもらえます。アレルギー反応を避けるために薬の成分について医師に話し合うことが勧められています。

糖尿病、高血圧、腎臓や肝臓の病気のある人はこの薬を服用しないことがお勧めされています。ルストラルは、赤ちゃんの成長と発達に悪影響を与えるので、妊娠中の女性によって服用するべきではありません。アルコールは抗うつ薬で、この薬と相互作用する可能性があります。ですから、アルコール消費を削減してください。この薬は、脳の機能をスローダウンさせ、めまいを感じさせます。この薬の服用と共に、活動もしないようにして、休むことがお勧めされています。

1日1回、同じ時間に定期的に薬を服用することがお勧めされています。突然の気分の落ち込みに気づいたり、自殺や自傷の考えを持ち始めたら、すぐに医療サポートに電話してください。

薬の用途

  • うつ病
  • 不安
  • パニック発作
  • 心的外傷後ストレス障害
  • 社会不安
  • 重症のPSM(月経前不快気分障害)
  • OCD(強迫性障害)

メリット

ルストラル(セルトラリン)は脳が生産するセロトニンとノルエピネフリンのレベルを上げる働きがあります。このケミカルは、気分を安定させ、不安を解消し、過剰思考を防ぎ、ストレスや重度のうつ病を予防するために細胞のコミュニケーションに役に立ちます。

ルストラル100mgの副作用

薬の副作用は以下のようです。

  • 無オルガスム症(女性にオルガズムに至れない場合)
  • 性欲減退
  • 遅漏
  • 疲労
  • 発汗の増加
  • 不眠症
  • 吐き気
  • 寝つきが悪い

薬の副作用を避けるために、医師の指示に従うことが推奨されます。自分で投与量を変更しないでください。他の副作用が見られる場合は、離脱症状を引き起こす可能性があるため、すぐに薬を中止してください。

ルストラル100mgの服用法

これをかみ砕くことは避け、飲み込むべきです。医師に提供された毎日決まった時間に服用する必要があります。人によって投与量は異なりますので、必要があるより高い投与量を服用すれば、副作用を引き起こす可能性があります。食べ物の有無にかかわらず服用することができますが、もし食事するなら、ルストラルを取る前に健康的な食事をするべきです。

赤ちゃんの成長と発達に悪影響を与えるので、妊娠中の女性によって服用するべきではありません。心臓・肝臓または腎臓の状態がある人はこの薬を飲んではいけません。ルストラルとほかの薬との相互作用について医師に相談してください。

この薬は、他の液体に混ぜて、液体の状態でも服用できます。薬と一緒に提供されるスポイトを使用して、投与量を測定してください。間違っている可能性があるので、計量せずに量を決めて服用しないでください。処方された量より多く服用すると、副作用を引き起こす可能性があります。

薬の働きについて

脳細胞が健康で幸せな状態を維持するためには、脳細胞間の伝達が必要です。シナプス間の神経伝達物質が不足すると、情報伝達のプロセスに支障をきたすことになります。ルストラルは、神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの産生を増加させる働きがあります。これらの化学物質は、細胞が支障なく通信するために必要なものです。また、この薬は、脳内の神経伝達物質の十分な量を維持するのに役立つ化学物質の再取り込みを減らすのに役立ちます。これは、うつ病、社会不安、心的外傷後ストレス、重度の月経前症候群(PMS)、強迫性障害などの治療に有用です。

この薬を買った人は、パロキセチン20mgも買っています。

薬を飲み忘れた場合は?

錠剤を服用し忘れても、心配する必要はありません。気づいたらすぐに錠剤を服用してください。次の服用時間になった場合または遅すぎた場合は、飲み忘れた分を飛ばして次回の投与量を服用してください。飲み忘れた分を補うために1回で2回分の投与量を服用しないでください。

銘記のポイント

  • アルコールは薬の作用を妨げられるので、飲酒しながら服用しないでください。アルコールは抗うつ薬で、薬の効果を阻害する可能性があります。
  • この薬を妊娠中に服用すれば、胎児を傷つけることになりますので、妊娠中または授乳中に使用するべきではありません。
  • 肝臓または腎臓の状態がある人、または高血圧、糖尿病、肝臓、腎臓から回復したばかりの人だったら、この薬を使用しないでください。
  • すでに他の薬や治療を受けている場合は、ルストラル100mgの服用による相互作用が安全であるかどうか、医師と十分に相談してください。

よくある質問

ルストラル100mgは何に使われるのですか?

うつ病、社会不安障害、心的外傷後ストレス障害、パニック障害、強迫性障害、重度の月経前症候群の治療に用いられることが知られています。

ルストラルの効果は?

ルストラルは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬として知られる医薬品のカテゴリーに属する抗うつ剤です。この薬は、気分をリラックスさせ、ストレスのない状態に保つ役割を果たす脳内のセロトニンを増加させるのに役立ちます。これにより、うつ病、不安神経症、ストレス、パニック障害などの精神障害を緩和することができます。

セロトニンで幸せになれるのか?

セロトニンは、気分を向上させるのに役立つ神経伝達物質で、満足感、楽観性、幸福感を媒介する。

セルトラリン副作用とは?

医師が処方した投薬量より高い投薬量を服用すると、無オルガスム症(女性にオルガズムに至れない場合)、性欲減退、遅漏、疲労、発汗の増加、不眠症(寝つきが悪い)、吐き気、眠気のような副作用が引き起こすことがあります。

セロトニンが不足する原因は何ですか?

セロトニン不足を引き起こす原因として、適切な食生活の欠如、慢性的なストレス、運動不足、薬物濫用などが挙げられます。

有効成分

セルトラリン100mg

医薬品メーカー

ファイザー

剤形

錠剤

1パックの内容

56, 84, 140