パロキセチン20mg

¥5,670.00¥7,500.00

有効成分

パロキセチン20mg

医薬品メーカー

アルムス

剤形

錠剤

1パックの内容

90, 150, 180

パロキセチン20mgは、うつ病、不安神経症、パニック障害、PMSの治療に使用されることが知られています。こちらからご注文!

商品コード: SKM152 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
90¥5,670.00
63
150¥7,500.00
50
180¥7,380.00
41

パロキセチンについて

パロキセチン20mgは、うつ病、不安障害、パニック障害の治療に使用されます。

パロキセチンは抗うつ剤であり、SSRIs(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)と呼ばれる薬物に分類されています。SSRIsは脳内のセロトニンの濃度を高めつつ、その再取り込みを阻害します。セロトニンは、気分を安定させる働きがあります。

医師に相談せずに服用すれば、悪影響を及ぼす恐れがあります。適量を遵守せず使用すると、女性のオーガズム症、性欲減退、遅漏、疲労、発汗の増加、不眠症、吐き気、眠気などの副作用を避けることができます。投与量は人によって異なります。

食事の有無を問わず服用することができますが、安全のために服用する前に脂肪の少ない栄養のバランスをとれた食事を摂ってください。過去に服用していた薬と現在の健康状態について医師に伝えてください。また、アレルギー反応を避けるために、薬に含まれる成分について、医師に深く相談してください。

糖尿病、高血圧、腎臓病や肝臓病を患っている方には、パロキセチンの服用をお勧めしません。胎児や赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす恐れがあるので、妊娠中および授乳中の女性は服用しないでください。アルコールは抗うつ剤であり、薬の作用を妨げる可能性があるため、薬を使用する際はアルコールの摂取を控えてください。この薬は脳の働きを鈍くし、めまいを感じさせます。薬を服用している限り、どんな仕事もせず、適切な休養をとるのが一番です。

1日1回、同じ時間帯に薬を服用してください。気分の落ち込みや、自殺や自傷行為に思い至った場合は、すぐに医療機関に連絡してください。

パロキセチン20mgの用途

  • うつ病
  • 不安障害
  • パニック障害

パロキセチンのメリット

パロキセチンは脳内のセロトニン値を高めることによって効果を発揮します。脳内で一定量のセロトニンを維持することは重要です。セロトニンは、気分を安定させて不安を解消し、ストレスやうつ病を防ぐために神経細胞間の通信を助けます。

パロキセチンの副作用

  • 女性のオーガズム症
  • 性欲減退
  • 遅漏
  • 疲労
  • 発汗の増加
  • 不眠症
  • 吐き気
  • 眠気

副作用を避けるために医師の処方に従うことは大切です。薬の服用は自己判断で増加したり減らしたりしないようにしましょう。途中で薬の服用を中止すると、禁断症状が出る恐れがあります。

パロキセチン20mgの服用法

薬を丸ごと服用してください。医師が処方した投与量を指示された時間帯を守って服用してください。人によって投与量が異なるため、適量を守らずに服用すれば望ましくない副作用が起こる可能性があります。食事の有無を問わず服用することができますが、服用前に脂肪食の少ない、栄養のバランスをとれた食事を摂ることが勧められています。

胎児や赤ちゃんの成長に悪影響を与える恐れがあるため、妊娠中または授乳中の方は服用しないでください。心臓、肝臓や腎臓の病気がある方には服用しないようにお勧めします。パロキセチンとほかの薬との相互作用については、医師に相談してください。

治療が完了するまでには数週間かかることがあるので、薬の服用を続けてください。調子が良くなったからといって、医師に相談せずに薬を中止することは駄目です。途中で急に服用を止めると、禁断症状を引き起こす可能性があります。

薬の働きについて

パロキセチンは、以下の症状の治療に有用です。

①うつ病:パロキセチンは脳内のセロトニン濃度を高める働きがあります。この化学物質は、気分をリラックスした状態に保つ役割を担っています。セロトニンの不足は、神経細胞間のコミュニケーションに支障を引き起こし、うつ病のような精神的疾患につながります。

②不安障害:セロトニンの増加は、気持ちを安定させ、日常生活の問題により良く対応できるようになります。これにより、生産性が向上し、集中力も高まります。

③パニック障害:パロキセチン20mgは、脳内のセロトニン濃度を高めることによってパニック発作を抑制します。セロトニンは神経細胞の通信を良くします。そのため、ストレスや恐怖を解消して、パニック発作を防ぎます。

薬を飲み忘れた場合は?

薬を飲み忘れた場合は、心配する必要はありません。気づいたらすぐに飲み忘れた分を服用してください。次の服用時間に迫っている場合には、次回の服用分から服用してください。飲み忘れた分を補うために、1回に2回分の投与量を服用しないでください。

銘記するポイント

  • 飲酒しながら薬を服用しないでください。アルコールは抗うつ剤なので、薬の効果を妨げてしまうことがあります。
  • 胎児や赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす恐れがあるため、妊娠中および授乳中の女性はこの薬を避けてください。
  • 高血圧、糖尿病、肝臓や腎臓の病気がある方、または最近回復したばかりの方は、この薬を服用しないでください。
  • すでにほかの薬や治療を受けている場合は、パロキセチンを服用しても危険がないかどうか、医師に聞いてください。

よくある質問

パロキセチンの使用は?

この薬は、うつ病、不安障害、パニック障害などの精神的疾患の治療に使用されることが知られています。

パロキセチンとは?

パロキセチンはSSRIs(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)という薬剤のカテゴリーに属します。この薬は、脳内のセロトニン値を高め、気持ちを落ち着いてストレスのない気分を維持する働きがあります。これにより、うつ病や不安感などの精神的疾患を治療することができます。

パロキセチンはどのくらいで効く?

治療期間は数週間かかるので、薬を飲み続けてください。医師と相談せず、服用を中止しないでください。

パロキセチンの副作用は?

医師の指示に従わずに服用すれば、女性のオーガズム症、性欲減退、遅漏(射精遅延)、疲労、発汗、不眠、吐き気、眠気などの副作用が起こる可能性があります。

パロキセチンを摂りすぎるとどうなる?

医師から指示された量だけ服用することが推奨されています。副作用を避けるため、自己判断で薬の量を変更しないでください。投与量は個人差や症状の重さによって異なります。薬を服用する前に、過去に服用した薬や健康状態について医師に伝えてください。アレルギー反応を避けるために、薬に含まれる成分についても、医師と十分に相談してください。

有効成分

パロキセチン20mg

医薬品メーカー

アルムス

剤形

錠剤

1パックの内容

90, 150, 180