ゼンテル400mg

¥327.00¥1,088.00

有効成分

アルベンダゾール

医薬品メーカー

GSK

剤形

錠剤

1パックの内容

3, 6, 12

ゼンテル400mgは、寄生虫感染の防ぎと治療に用いられている薬です。この薬は、寄生虫を殺し、さらに感染が広がるのを防ぎます。

商品コード: SKM262 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
3¥327.00
109
6¥639.00
107
12¥1,088.00
91

ゼンテル400mgについて

使用・効果

ゼンテル400mgは、『駆虫薬』と呼ばれる抗寄生虫薬に属し、神経嚢虫症【有鉤条虫による感染症】および包虫症【瓜実条虫による感染症】などの治療に使用される医薬品です。

また、回虫、鉤虫、糸状虫、鞭虫、蟯虫、吸虫類などの寄生虫のよる感染症の治療にも使用されます。

有効成分

ゼンテル400mgは、『アルベンダゾール』という有効成分から構成されています。アルベンダゾールは、チューブリンの重合を阻害することで、寄生虫の代謝を阻害します。これは寄生虫のエネルギーを切れ、その固定につながります。その結果、感染しやすい寄生虫が殺され、感染症を治療します。

作用時間

ゼンテル400mgが効果を発揮する時間は、服用してから2~5時間となっています。およそ2〜3日間、体内で活性を維持することができます。

感染症の程度と身体により異なる場合もありますので、医師に相談せず服用しないでください。

製薬会社について

ゼンテル400mgは、GlaxoSmithKline Pharmaceuticals Ltdが製造・販売しています。

1924年にインドで設立されたGlaxoSmithKline Pharmaceuticals Ltdは、インドの研究開発型製薬・ヘルスケア企業で、GlaxoSmithKline plcの子会社です。医療用医薬品とワクチンの製造に従事しています。医療用医薬品は、抗感染症、皮膚科、婦人科、糖尿病、腫瘍、循環器疾患、呼吸器疾患などの治療分野に及んでいます。

ゼンテル400mgの働きについて

ゼンテル400mgは、神経性嚢虫症(豚条虫による感染症)や嚢虫性水腫症(犬条虫による感染症)などの虫の感染症の治療に使用される駆虫薬というグループに属しています。また、ゼンテル錠1は、回虫、鉤虫、糸状虫、鞭虫、蟯虫、フルク、その他の寄生虫による感染症の治療にも使用されます。

有効成分として、『アルベンダゾール』を含んでいます。アルベンダゾールは、チューブリンの重合を阻害することで、寄生虫の代謝を阻害します。これは寄生虫のエネルギーを切れ、その固定につながります。その結果、感染しやすい寄生虫が殺され、感染症を治療します。

ゼンテル400mgの副作用

主な副作用:

主な副作用には以下のものがあります:

  • 腹痛
  • めまい
  • 頭痛
  • 発熱
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 一時的脱毛

副作用は自然に治まる傾向がありますが、長く持続した場合または悪化した場合は、速やかに医師に連絡してください。

重大な副作用:

アルベンダゾールで、極稀に発生しうる重大な副作用は以下の通りです:

  • 汎血球減少症
  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)
  • 多形紅斑
  • 肝機能障害
  • 黄疸

起こった場合は、直ちに医師に診てもらってください。

他に気になる副作用が出た場合には、医師の診療を受けてください。

副作用が長期間に続く場合もしくは悪化した場合は、薬の服用を中止して医師に伝えてください。

ゼンテル400mgの用法・用量

医師の指示通り、適量を服用するようにしてください。

食後に服用してください。

錠剤を嚙まず丸ごと服用してください。

薬を飲み忘れた場合:気づいた際にすぐに服用してください。次の服用時間が迫っている場合は、飲み忘れた分を飛ばして、次回の投与量を服用してください。飲み忘れた分を補うために、絶対に1回で2回の分を服用しないでください。

この薬を買った人は、バノサイドフォルテ100mgも買っています。

ゼンテル400mgの使用上の注意

ゼンテルを服用してはいけない方:

  • 妊娠中または妊娠している可能性のある人
  • ゼンテルの成分に対してアレルギーがある方
  • 腎臓や肝臓の疾患がある方

併用禁忌薬:

  • シメチジンのような胃酸を減らすために使用される薬(制酸剤)
  • カルバマゼピン、フェニトイン、フェノバルビタールなどの痙攣や発作の治療に使用される薬(抗痙攣薬)
  • 虫の感染症の治療に使用される薬(プラジカンテル)
  • 免疫反応を抑制するために使用される薬(デキサメタゾン)
  • HIV/AIDSの治療に使用される薬(リトナビル)
  • 相互作用の可能性を避けるために、現在服用している他の薬、漢方薬、サプリメントについて医師に相談してください。
  • グレープフルーツやグレープフルーツジュースは、アルベンダゾールの副作用を悪化させる可能性があるので、避けた方がよいでしょう。
  • アルコールを服用しないでください。

よくある質問

ゼンテル400mgは?

ゼンテルは、『駆虫薬』と呼ばれる抗寄生虫薬に属し、神経嚢虫症【有鉤条虫による感染症】および包虫症【瓜実条虫による感染症】などの治療に使用される医薬品です。アルベンダゾールという有効成分から構成されています。

アルベンダゾールとは?

アルベンダゾールは、様々な寄生虫の感染症の治療に使用される薬です。ジアルジア症、旋毛虫症、フィラリア症、神経嚢虫症、ヒダチス症、蟯虫症、ホヤ症などに有効です。経口投与します。

アルベンダゾールの副作用は?

主な副作用として、腹痛、めまい、頭痛、発熱、吐き気、嘔吐、一時的脱毛などがあります。

副作用は自然に治まる傾向がありますが、長く持続した場合または悪化した場合は、速やかに医師に連絡してください。

アルベンダゾールで、極稀に発生しうる重大な副作用には、汎血球減少症、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑、肝機能障害、黄疸があります。これらが起こった場合は、直ちに医師に診てもらってください。

ゼンテル400mgは誰が服用しないほうが良い?

ゼンテルの有効成分であるアルベンダゾールに対してアレルギーがある方、またはメベンダゾールやチアベンダゾールのような他の類似薬にアレルギーがある方は服用しないでください。妊娠中または妊娠する可能性がある方もゼンテルを避けてください。腎臓や肝臓の疾患がある方は服用する前に必ず医師に相談してください。

ゼンテルは抗生物質?

はい、ゼンテルは抗生物質です。ゼンテルの有効成分『アルベンダゾール』は、寄生虫によって引き起こされる様々な感染症を治療します。この薬は、服用する前に必ず医師に相談してください。

有効成分

アルベンダゾール

医薬品メーカー

GSK

剤形

錠剤

1パックの内容

3, 6, 12