バルシビル500mg

¥4,565.00¥21,261.00

有効成分

バラシクロビル

医薬品メーカー

シプラ

剤形

錠剤

1パックの内容

12, 30, 60

バルチビル500mgは、抗ウイルス剤として知られている薬のカテゴリーに属します。口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹などを治療するのに役立ちます。

商品コード: SKM181 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
12¥4,565.00
380
30¥11,018.00
367
60¥21,261.00
354

バルシビル500mgについて

バルシビル500mgは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる口唇ヘルペス、性器ヘルペス感染症および帯状疱疹というようなウイルス感染の治療に使用されることが知られています。この薬はバルトレックスのジェネリックで抗ウイルス剤です。

バルシビル500mgはDNAポリメラーゼ阻害薬とも呼ばれるバラシクロビルという有効成分で構成され、ヌクレオシドアナログという薬剤のカテゴリーに属します。バラシクロビルはウイルスに感染した細胞の増殖を抑制する働きがあります。それで、ウイルスのDNAの合成を阻害して、さらなる感染を防ぎます。

この薬は医師に相談なく摂取することをおすすめしません。頭痛、吐き気、腹痛、発疹、嘔気というような副作用が現れることがあります。副作用を避けるために医師が処方した量を守ることは大切です。

バルシビル500mgは食事の有無に関わらず服用することができます。医師が処方した量を定期的に服用してください。処方した量よりも多い量を服用すると、望ましくない副作用が発生する可能性があります。また、気分が良くなったとしても、治療期間が終了するまで処方した量を飲み続けることは大切です。

バルシビル500mgを使用している限りは、脱水や腎臓の損傷を防ぐためにいつもよりも水分を摂る必要があります。妊娠中や授乳中の方、または妊娠を計画中の方は、この薬を使用する前に医師によく相談してください。命懸けの副作用が出る恐れがあるので、アバカビル、アデホビル、ジダノシン、エンテカビルという薬剤が含有された薬と併用しないように注意してください。

バルシビル500mgの用途

  • 口唇ヘルペス
  • 性器ヘルペス
  • 帯状疱疹

バルシビル500mgのメリット

バルシビル500mgは単純ヘルペスウイルスで引き起こされる口唇ヘルペス、性器ヘルペス感染症および帯状疱疹を治療するために使われています。この薬に有効成分として含まれているバラシクロビルとは、ヌクレオシドアナログという薬剤のカテゴリーに属したDNAポリメラーゼ阻害薬です。この有効成分は感染した細胞のさらなる増殖を阻害することで効果を発揮します。薬の最大限の効果を得るために医師が処方した量を摂取してください。

口唇ヘルペス:口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスにより唇や唇の周りに水ぶくれができる感染性の病気です。唇やその周りに軽い痛みを伴う赤くて小さな水ぶくれが複数現れます。

性器ヘルペス:性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによって、性器周辺に水ぶくれが生じる性行為感染症です。男性と女性の両方に影響を与える可能性があります。

帯状疱疹:帯状疱疹は、体にピリピリとさすような痛みと小さな赤い水ぶくれが現れる病気です。単純ヘルペスウイルスによって広がります。

バルシビル500mgの副作用

バラシクロビルを服用することでは何らかの副作用が出ることが報告されています。

後述は薬のいくつかの副作用です:

【発疹、蕁麻疹、瘙痒、嘔気、嘔吐、腹部不快感、下痢、腹痛、めまい、頭痛、意識低下、腎障害、排尿困難】

  • 副作用が自然的に治まる傾向があるので、心配しなくてもいいです。ただし、副作用が長期間的に続く場合、または症状が悪化した場合には医師に連絡するのが必要となります。
  • これ以外も気になる副作用や症状が現れる場合は、速やかに医師に診察を受けてください。
  • 黄疸または意識障害が生じる場合は、すぐに薬の服用を中止して医師に相談してください。
  • 人によって症状と副作用が異なるので、医師が処方した量を守り、服用してください。

バルシビル500mgの服用方法

  • 医師に相談なく、薬の使用を避けてください。
  • この薬は、嚙まず、丸ごと服用してください。
  • 医師に処方していただいた投薬量を定期的に服用する必要があります。医師が推奨した服用量は症状、病状のひどさや人の体調によって異なるため、自分で薬の量を変更すると、体に悪影響を与える恐れがあります。
  • バルシビル錠剤は、食事をしても、しなくても、服用することができます。
  • 服の量を欠かさず、気分がよくなっても、治療期間が終了しない限りは、薬を飲み続けてください。

バルシビル500mgを服用する前の注意点

  • 以前に服用して、副作用やアレルギー症状が出た人は医師に伝えてください。
  • 妊娠中の方はこの薬を使用できますが、安全のために医師に相談なく、薬を服用しないでください。
  • この薬の活性代謝物であるアシクロビルの曝露量が増加すると、精神神経症または腎機能障害が発症する危険があります。腎不全や腎障害の患者あるいは高齢者の場合は、錠剤の服用間隔と服用量を医師が調節する必要があります。自分で錠剤を服用しないでください。
  • 脱水症状を回避するために、この薬を服用している限りは、適切な水分を摂取するようにしてください。
  • 命懸けの副作用が出る恐れがあるため、アバカビル、アデホビル、ジダノシン、エンテカビルという薬剤が含まれた薬と併用しないように注意してください。

薬の働きについて

バルシビル500mgにはDNAポリメラーゼ阻害薬であるバラシクロビルという有効成分が含まれています。DNAポリメラーゼとは、ウイルスのDNA複製に関係する酵素です。このDNAポリメラーゼは感染した細胞が増殖できるように補助を与えます。DNAポリメラーゼ阻害薬であるバラシクロビルは服用することで、体内に代謝され、アシクロビルという成分に変換されます。このアシクロビルは、抗ウイルス剤として作用します。アシクロビルは感染した細胞に入り込んで、さらなるDNA合成を阻害して、細胞の一層の増殖を防ぎます。

薬を飲み忘れた場合は?

錠剤を飲み忘れた場合は心配する必要はありません。気づいた時点ですぐに錠剤を飲んでください。2回分を一度に飲まないでください。次の錠剤の時間になった場合は、その分だけを飲んでください。飲み忘れた分を補うために一度に2個の錠剤を飲んではいけません。

銘記のポイント

  • この薬を使用している間は、水分を多めにとる必要があります。
  • アルコールとの作用はまだ明らかになっていないので、お酒を摂取することができるかどうか医師に相談してください。
  • 授乳中、妊娠中または妊娠を計画の方はこの薬を服用することができますが、安全のために医師に相談することをお勧めします。
  • 命にかかわる副作用が現れることがあるので、アバカビル、アデホビル、ジダノシン、エンテカビルという薬剤と併用しないようにしてください。
  • バルシビル500mgを服用することで、意識低下、視力への影響、めまいを感じることがあるので、運転する前に服用しないでください。
  • 肝臓の病状がある方は、バルシビル500mgを服用する前に何も注意点はありません。肝疾患を患っている患者はこの薬を安全に使用できます。バルシビル500錠の用量調節も推奨されていません。
  • 腎臓の病気がある方は、この薬を服用しているとき注意すべき点があります。脱水症状を避けるために適切な水分をとる必要があります。体調、症状のひどさによって錠剤の投与量が異なるので、医師に相談することは大切です。安全のために、医師が指示した通り、錠剤を服用してください。

よくある質問

バルシビル500mgの使用はすか。

バルシビル500mgは口唇ヘルペス、性器ヘルペス感染症と帯状疱疹という単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる病気の治療薬です。この薬は、体内の感染した細胞の増殖を抑制することで効果を発揮します。これにより、更なる感染を防ぐことができます。

バルシビル500mgは妊娠中の方には安全ですか。

この薬は妊娠中安全だと言われていますが、副作用が現れる可能性があるので、医師に相談なく、薬を使用しないでください。

バラシクロビルは効果が出るまでどれくらい時間がかかりますか。

感染が減少するまでに三日間かかる可能性があります。症状が治まったとしても、バラシクロビルの摂取は治療期間が狩猟するまで続ける必要があります。

バラシクロビルの副作用はどのように減らすことができますか。

薬の副作用を減らすために、医師の処方に従うことは大切です。医師が指示した投与量を定期的に服用してください。バラシクロビルの服用中は適切な水分を摂ることでも副作用を減らすことができます。

バラシクロビルを毎日服用できますか。

医師が指示した量を定期的に服用してください。指示された量よりも多い量を服用すると副作用が出ることがあります。症状がおさまったとしても、途中で薬の使用を中止しないでください。治療期間が終了するまで薬を飲み続けてください。

有効成分

バラシクロビル

医薬品メーカー

シプラ

剤形

錠剤

1パックの内容

12, 30, 60