トラジェンタ5mg

¥5,395.00¥15,320.00

有効成分

リナグリプチン

医薬品メーカー

ベーリンガー・インゲルハイム

剤形

錠剤

1パックの内容

30, 60, 90

トラジェンタ5mg錠は大人における糖尿病の治療に使われます。膵臓からのインスリンの分泌を増加させることによって作用します。今すぐ買いましょう!

商品コード: SKM188 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
30¥5,395.00
180
60¥10,546.00
176
90¥15,320.00
170

トラジェンタ5mgについて

トラジェンタ5mgはスルフォニル尿素という薬のカテゴリーに属します。この薬はインスリン分泌促進剤で、体内のインスリン量を高め、2型糖尿病を治療するのに役に立ちます。また、消化中の食べ物から糖分の再吸収も防ぎます。

この薬は、有効成分として「リナグリプチン」を含有します。医師の指示通りに投与量を摂取することが勧められています。投与量は人とその人の重症度によって異なります。

妊娠中でも、この薬を服用することが安全だとされています。リナグリプチンと、「トリメトプリムやボセンタンやアミロライドやアテノロール」などを含む薬と一緒に服用することを避けてください。これらの薬の相互作用は深刻な副作用を引き起こす可能性があり、それは生命を脅かしかねなくなるかもしれません。

肝臓・腎臓・膵臓の疾患があり、または高血圧または狭心症から回復したばかりの人だったら、この薬を服用しないことがお勧めされています。医師によって提供されるすべての指示に従って、薬の副作用を予防し、完全に薬の利点を得ることができます。

不必要な副作用(有効成分に対してアレルギー、長期の副作用、または症状が悪化する)などが発症する場合、早急な手当てを追求するべきです。薬に含まれている成分について、医師と話し合わなければなりません。

薬の用途

  • 2型糖尿病

トラジェンタのメリット

本剤は、2型糖尿病の症状を解消するだけではなく、心臓病の危険性も低下させます。トラジェンタは、体内に産生されるインスリンを増加させます。その上で、消化中の食事からグルコース(糖分)が再吸収されるのを予防します。血流から糖分を減らすのは、糖尿病を治療するために必要なことです。これは、2型糖尿病の重大な合併症を予防することにも役に立ちます。

トラジェンタの副作用

  • 低血糖(低い血糖レベル)
  • 鼻・のどの炎症

医師に提供された投与量と指示に従うと、深刻な副作用を避けることができます。副作用が長期間的に持続したら、医師に相談してください。

トラジェンタ5mgの服用法

薬だけに頼らなくて、健康的な食事と日常的に運動することが必要です。そうすることで早く回復することができ、薬も効果的に働くことができます。この薬は、食事前に服用するべきです。この食事は、砂糖摂取量を増加させないため、最小量の砂糖を含むべきです。薬の投与量を自分で増やしたり減らしたりしないようにして、医師に提供された処方に従ってください。こうしたら、深刻な副作用を避けることができます。治療が完了するまで毎日定期的に服用する必要があります。

薬の働きについて

トラジェンタ5mgは、消化中に体内に十分なインスリンが産生されるように、膵臓に直接的に働きかけます。また、肝臓から産生される超過量のブドウ糖を減らし、グルコース(糖分)が再吸収されることを予防します。薬だけに頼らなくて、健康的な食事と日常的に運動することが必要です。

この薬を買った人は、グリコメットGP(500+1)mgも買っています。

薬を飲み忘れた場合は?

錠剤を服用し忘れても、心配する必要はありません。気づいたらすぐに錠剤を服用してください。次の服用時間になった場合または遅すぎた場合は、飲み忘れた分を飛ばして次回の投与量を服用してください。飲み忘れた分を補うために1回で2回分の投与量を服用しないでください。この錠剤は健康的な食事と共に服用することがお勧めされています。

銘記のポイント

  • この薬を服用した後、適切な休息を取ってください。集中力が必要のあるタスクを避けることがお勧めされています。
  • アルコールは薬の作用を妨げられるので、飲酒しながら服用しないでください。
  • 妊娠中・授乳中にトラジェンタ5mgを使用しないように注意してください。
  • 腎臓病がある方は、服用する前に医師によく相談することがお勧めされています。
  • 【トリメトプリムやアミロライドやアテノロール、ベクロメタゾン】など他の薬剤との相互作用を避けてください。
  • 健康的な食事と共に日常的な運動をする習慣を守らないといけません。これは、早く回復させ、薬を効果的に働かせます。

よくある質問

トラジェンタ5mgの使用は?

2型糖尿病の治療に使用されています。糖尿病の深刻な合併症にも役に立ちます。

トラジェンタ5mgをいつ飲めばよいの?

この薬は通常、一日の最初の主食を食べる前に服用することが勧められていますが、医師の指示通りに従ってください。

トラジェンタ5mgの副作用は?

鼻・のどの炎症などのような一般的な副作用が発症するかもしれません。医師に提供された指示と投与量に従ってください。

トラジェンタ5mgを服用してはいけない方は誰ですか?

肝臓・腎臓・膵臓の疾患がある人なら、この薬を服用しないことがお勧めされています。また、高血圧または狭心症から回復したばかりの人だったら、服用する前に医師に相談しないといけません。

トラジェンタ5mgを服用する前に覚えておくポイントは?

医師に提供された指示に従って、適切な投薬量をとるようにしてください。妊娠中・授乳中にある場合、医師に相談しなければなりません。自分の健康状態に関して医師となしあうことが必要です。薬に含まれている成分について研究を行ってください。肝臓・腎臓・膵臓の疾患がある人なら、この薬を服用しないことがお勧めされています。

トラジェンタ5mgは腎臓のために悪いですか?

トラジェンタは、糖尿病のある患者に腎臓にマイナスの効果を表せませんでした。しかし、腎障害のある患者にとっては有害であることがあります。

有効成分

リナグリプチン

医薬品メーカー

ベーリンガー・インゲルハイム

剤形

錠剤

1パックの内容

30, 60, 90