サビトラマックス

¥3,384.00¥7,452.00

有効成分

バルデナフィル20mg+ダポキセチン60mg

医薬品メーカー

サバメディカ

剤形

錠剤

1パックの内容

12, 24, 36

サビトラマックスは、バルデナフィルとダポキセチンを配合した医薬品です。早漏(PE)および勃起不全(ED)の治療に使用されます。

商品コード: SKM105 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
12¥3,384.00
282
24¥5,376.00
224
36¥7,452.00
207

サビトラマックスについて

バルデナフィルは、2種類の薬剤の配合薬です。勃起不全および早漏の治療に役立ちます。有効成分として、PDE5阻害剤であるバルデナフィル(20mg)とSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)であるダポキセチン(60mg)が含まれています。

サビトラマックスは、PDE-5酵素に直接作用し、陰茎の筋肉を弛緩させ、性的興奮時に血流を増加させ、満足な性交のために適切な勃起を維持します。ダポキセチンは、早漏の原因であるセロトニンを増加させる働きがあります。性行為の30〜60分前に服用するのが必要です。

バルデナフィルの効果は最大3〜4時間持続しますが、後遺症は最大12時間まで感じることがあります。この薬は1日1回のみ服用してください。医師が処方した投与量を服用することが推奨されています。服用量が少ないと期待通りの効果が得られません。服用量より多くの量を服用すると、副作用がでることがあります。

この薬は、ED治療薬なので、女性が使用するものではありません。特に、妊娠中の女性は使用しないように注意してください。サビトラマックス(バルデナフィル)は、硝酸塩を含む薬やほかの勃起不全治療薬との併用を避けてください。

最近心不全になった人、高血圧や糖尿病のある人は、必ず医師の指示に従ってサビトラマックスを服用してください。

バルデナフィルを医師に相談せず、また注意事項を守らずに服用すると、顔面紅潮、頭痛、めまい、目のかすみ、筋肉痛、胃の不調、鼻づまり、発疹などの副作用が出る可能性があります。医師の指示に従うことで、効果的かつ安全に、インポテンツを克服することができます。

万が一、有効成分に対するアレルギーや不健康な健康状態のような例外的な理由で副作用が出た場合は、直ちに医師に連絡してください。

サビトラマックスの用途

  • 勃起不全
  • 早漏

サビトラマックスのメリット

サビトラマックスは、PDE-5阻害剤として知られる薬のグループに属します。この薬は、バルデナフィル(20mg)とダポキセチン(60mg)が配合された薬です。バルデナフィルはEDの治療に役に立ちます。性的な刺激を受けた時、陰茎の血管を弛緩させることで、血流を増加させ、勃起させる働きがあります。ダポキセチンはセロトニン選択的阻害剤であり、早漏を治療します。脳内のセロトニン値を高めつつ、吸収・分解を防ぎます。

この薬は、性的な刺激を受けている時のみに効果があります。性行為を行う30分前に錠剤を服用するのが必要です。食事の有無を問わず服用することができます。

サビトラマックス錠の副作用

  • 顔面紅潮
  • 顔の赤み
  • 頭痛
  • 消化不良
  • めまい
  • 筋肉痛
  • 胃の不調
  • 発疹
  • 鼻づまり
  • 目のかすみ

重篤な副作用を避けるために、医師の処方箋に従ってください。副作用が長引く場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

サビトラマックスの服用法

サビトラマックス、性行為の30〜60分前に服用してください。効果が現れ始めるまでの時間は、人によって異なります。錠剤は食事の有無を問わず服用することができます。医師の処方箋に従ってください。

薬の働きについて

サビトラマックスには、バルデナフィルとダポキセチンという2つの有効成分があり、各成分は、それぞれの目的と働きがあります。

バルデナフィル:バルデナフィルは、ホスホジエステラーゼ5型阻害剤(PDE-5阻害剤)として知られる医薬品のカテゴリーに属します。陰茎は、海綿体という2つの円筒状の柔らかい筋肉で構成されています。性的に興奮すると、これらの筋肉は血液で満たされ、陰茎をまっすぐにして硬くし、興奮を生み出します。勃起不全に悩む男性は、神経の筋肉が硬くなり、十分な血流が得られない状態になっています。サビトラマックスは、この神経をリラックスさせ、PDE-5酵素をブロックします。これにより、陰茎内の筋肉に血液が流れるようになります。

ダポキセチン:ダポキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)という薬のカテゴリーに属します。早漏の主な原因の一つは、脳内のセロトニンの不足です。ダポキセチンは、セロトニンの生成を高めて、セロトニンの吸収と分解を抑制します。これにより、性交時のセロトニンが増加することにより、早漏を治療することができます。

薬を飲み忘れた場合は?

錠剤を飲み忘れても心配することはありません。思い出したらできるだけ早く服用してください。次の服用時間になった場合は、飲み忘れた分を飛ばして、次回の投与量を服用してください。忘れた分を補うために、1回で2回分の投与量を絶対に服用しないでください。

銘記のポイント

  • 運転する前に、本剤の服用を避けてください。それは、意識を下げ、視力への影響、眠気やめまいなどの症状を引き起こすことがあるためです。
  • 薬の効果を妨げるので、アルコールを飲みながら服用することはお勧めしません。
  • サビトラマックスはED治療薬で、女性が使用するものではありません。特に、妊娠中および授乳中の女性は注意してください。
  • 腎臓病を患っている方は、使用を控え、医師に相談してから摂取してください。
  • ニトログリセリン、一硝酸イソソルビド、ニコランジルなど他の薬物との相互作用を避けてください。

よくある質問

サビトラマックスとは何ですか?

サビトラマックス20mg+60mg錠はPDE-5阻害剤(ホスホジエステラーゼ阻害剤)とSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)です。勃起不全および早漏の治療に役に立ちます。有効成分はバルデナフィルとダポキセチンです。陰茎の血液を増加させ、脳内のセロトニン値を増加させることにより、性交時に適切な勃起を維持します。射精にかかる時間を長くさせる作用があります。

バルデナフィルとは?

バルデナフィルは、勃起不全(インポテンツ)の治療に役に立ちます。PDE-5阻害剤と知られる薬のカテゴリーに属します。

サビトラマックスの効果時間はどれくらいですか?

薬の効果は3〜4時間持続しますが、最大12時間まで持続することがあります。サビトラマックスの有効成分はバルデナフィルとダポキセチンであり、各成分はそれぞれの働きと効果間があります。

バルデナフィル:4~5時間

ダポキセチン:1~3時間効果がありますが、12時間持続します

薬の効果は人によって異なります。

サビトラマックスの副作用は何ですか?

主な副作用として、頭痛、吐き気、胃のむかつき、筋肉痛、消化不良、めまい、目のかすみなどがあります。副作用が持続したら医師に相談してください。

サビトラマックスを服用する前に注意すべき点は何ですか。

医師に処方された投与量を服用してください。人によって投与量は異なるので、投与量より多い量を服用すると副作用がでることがあります。投与量より少ない量を服用すると期待通りの効果が得られません。性行為の30〜60分前に錠剤を服用してください。薬は空腹時または食後に服用することができます。時間通りに服用する必要があります。飲み忘れた場合は、1回で2回分の投与量を服用しないでください。薬の服用時間を過ぎている場合は、できるだけ早く服用してください。健康状態と現在服用している薬についても医師に伝えてください。

 ダポキセチンの持続時間はどれくらいですか?

 ダポキセチンの効果は、服用後1〜3時間まで持続します。時に、12時間までその効果があります。10人中8人の男性にその効果があります。射精する前に勃起の2倍、3倍の効果を実感する男性もいます。

バルデナフィルとダポキセチを併用することができますか?

ダポキセチンはバルデナフィルの薬物動態に影響を与えません。最も重篤な副作用も軽度で済むので、心配なく併用して服用することができます。

ダポキセチンは誰が服用しないほうが良いですか。

心臓病患者、または過去に心不全や心臓発作、何らかの心状態があった人の場合は、ダポキセチンを服用しないことを推奨されています。中程度から重度の肝障害がある場合は、薬を服用しないでください。低血圧で失神しやすい人もダポキセチンを服用しないでください。副作用を防ぐために、今まで服用していた全ての薬について、必ず医師に伝えてください。

有効成分

バルデナフィル20mg+ダポキセチン60mg

医薬品メーカー

サバメディカ

剤形

錠剤

1パックの内容

12, 24, 36