プリモルトN

¥8,000.00¥16,500.00

有効成分

ノルエチステロン5mg

医薬品メーカー

ザイダスカディラ

剤形

錠剤

1パックの内容

200, 300, 500

プリモルトN5mgは、生理痛、生理不順、無月経、月経前症候群(PMS)などの月経に関する問題の治療に使用されます。

商品コード: SKM146 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
200¥8,000.00
40
300¥10,800.00
36
500¥16,500.00
33

プリモルトNについて

プリモルトNは、生理痛、生理不順・無月経や子宮内膜症などの治療に使用されます。また、PMS(月経前症候群)の治療にも役立つことが知られています。

この薬は、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの一種であるノルエチステロンから構成されています。ノルエチステロンはプロゲステロンと同じような働きがあり、生理やその他の合併症を緩和します。

医師が処方する投与量は、症状の重症度や種類によって異なります。医師が処方した量のみ服用することが勧められています。プリモルトNの過剰使用や乱用は深刻な副作用につながることがあります。

妊娠中および授乳中の方、心臓に関連する合併症、糖尿病、循環障害、偏頭痛などの既往歴のある方は、使用する前に医師に医師に相談してください。

食事の有無を問わず服用することができます。錠剤は、嚙まず、丸ごと服用してください。

この薬の一般的な副作用には、頭痛、めまい、乳房の痛み、吐き気、嘔吐、腹部の痙攣などがあります。これらの副作用は治療することなく、自然に治まる傾向がありますが、長く続く場合は、医療扶助を受けてください。

この薬は、妊娠を防ぐためには使用しないでください。医師に相談せずに服用しないでください。適量を守らずに服用すると、激しい頭痛、片足の腫れ、息を吸うと痛い、皮膚の黄変、視力や聴力の急激な変化、視力障害、聴覚障害など、深刻な副作用を引き起こす可能性があります。万が一、副作用が起こった場合は、すぐに医師に連絡してください。

プリモルトNの用途

  • 重度の月経出血
  • 生理痛
  • 子宮内膜症
  • PMS(月経前症候群)

プリモルトNのメリット

プリモルトNは、生理痛、生理不順・無月経の治療の治療に役に立ちます。PMS(月経前症候群)や子宮内膜症などの緩和にも使用されます。

プリモルトNの副作用

薬の一般的な副作用は次の通りです:

  • 頭痛
  • めまい
  • 乳房の痛み
  • 吐き気
  • 不正出血
  • 嘔吐
  • 腹部の痙攣

副作用は、体に急激な変化が起こるために起こります。体が薬に慣れるまで、しばらく時間がかかります。ただし、他の気になる副作用が起こった場合は、医師に連絡してください。

プリモルトNの服用法

嚙まず、丸ごと服用する必要があります。医師が処方した量を服用することをお勧めします。

薬の働きについて

この薬は、一つ以上の症状の治療に使用されます。

①重度の月経出血:子宮内膜を薄くして、日々の生活に支障をきたしがちな生理中の大量出血を抑える働きをします。

②つらい月経血の痛み:この薬の有効成分は、女性ホルモンであるエストロゲンの作用を再現することができ、けいれんの痛みを和らげます。

③PMS(月経前症候群):薬は、エストロゲンのレベルに直接影響を与え、気分の落ち込みを軽減します。

銘記のポイント

  • 妊娠中および授乳中の方はこの薬を避けてください。
  • 心臓、肝臓や腎臓の病気の既往歴がある方は、医師に相談せず服用しないでください。
  • 生理中に月経が重い、または痛みがあるときに服用できます。
  • 激しい頭痛、刺すような痛み、片足の腫れ、呼吸時の痛み、皮膚の黄変、視覚や聴覚の障害などの合併症が起きた場合は、すぐに医師に相談し、薬の服用を中止してください。

よくある質問

プリモルトNの使用は?

プリモルトNは、月経が重い、痛みなど様々な生理の症状、生理不順・無月経や子宮内膜症の治療に使用されることが知られています。

プリモルトNは生理を止めるのか?

プリモルトNは、生理周期をリセットします。そのために、10日間のみ処方されます。通常、生理は遅れ、3〜5日後に戻ってくる傾向があります。

プリモルトNを服用するとどうなるのですか?

プリモルトNは、プロゲステロン(女性ホルモン)の作用をコピーして働く黄体ホルモンです。生理不順の治療のために、生理を整え、子宮内膜をはがす働きをします。

プリモルトNは妊娠を防ぐ?

プリモルトNは、避妊薬ではないので、その機能を目的として処方されることはありません。しかし、生理不順、痛み、重い生理、子宮内膜症、月経前症候群の治療に使用されます。妊娠中や授乳中に服用すると、副作用を引き起こす可能性があります。

プリモルトはステロイドですか?

プリモルットは、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの作用を再現した黄体ホルモンの一種です。女性の月経周期に関連する症状を治療するのに役立ちます。

プリモルトNは排卵を止めるのですか?

プリモルトNは、排卵や月経を予防・遅延させる作用があることが知られています。妊娠中、授乳中、授乳期は薬の摂取を控えてください。

プリモルトは気分に影響しますか?

薬の服用により、突然の気分の落ち込み、抑うつ気分、性欲の変化などが起こることがあります。

プリモルトを中止して何日後に生理がきますか?

服用を中止してから3〜5日後に再び生理が起こる傾向があると報告されています。

有効成分

ノルエチステロン5mg

医薬品メーカー

ザイダスカディラ

剤形

錠剤

1パックの内容

200, 300, 500