プレマリン0.625mg

¥5,661.00¥15,185.00

有効成分

結合型エストロゲン0.625mg

医薬品メーカー

ワイス

(剤形

錠剤

1パックの内容

28, 56, 84

プレマリン0.625mgは、女性ホルモンの一種です。結合型エストロゲン 0.625mgを含んでいます。エストロゲン不足の治療に使用されることが知られています。こちらからご注文!

商品コード: SKM145 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
28¥5,661.00
202
56¥10,723.00
191
84¥15,185.00
181

プレマリンについて

プレマリンは女性の更年期障害に伴う不快な症状を緩和するために使用されます。骨粗鬆症(骨の構造が海綿状になり、もろく折れやすくなった状態)の治療にも役に立ちます。

治療開始時点で、結合型エストロゲンは0.1〜0.6mgの量で投与されます。この薬は、他の抗がん薬と併用して、乳がんおよび前立腺がんの治療にも用いられます。薬の過剰使用は深刻な副作用をもたらすことがあるため、医師に相談せず使用することをお勧めしません。

特に、不正出血(膣から出血、生理と関係ない出血)、肺血栓塞栓症や心臓、肝臓や腎臓病などの既往歴がある場合は、その旨を医師に伝えてください。

医師が処方する投与量は、患者の健康状態と病気の重症度によって異なります。アレルギー、現在使用中薬、最近他の病気からの回復、怪我などのいくつかの要因も処方される投与量に影響を与えることがあります。

患者が薬の使用後に起こった副作用のいくつかは、頭痛、発疹、乳房痛、性欲減退、吐き気、腹痛などがあります。プレマリンは体に急激な変化をもたらすため、副作用は薬を使用せずに自然に治まる傾向があります。薬が効果を発揮し始めるまでには、それなりの時間がかかるため、薬を定期的に飲み続けることをお勧めします。

身体が薬に慣れるまで時間がかかることがあります。ただし、多量の不正出血(生理と関係ない)、失神、めまい、咳、血液の凝固などの副作用が起こった場合は、直ちに医師に連絡してください。

プレマリン以外、更年期障害に処方される他の薬にはオエストロジェル、Femoral、Evomateなどがあります。

プレマリンの用途

  • ホルモン補充療法
  • 閉経後骨粗鬆症

プレマリンのメリット

プレマリンは、女性ホルモンであるエストロゲンを含んでいます。この薬は、ホルモン補充療法(HRT)の一種です。更年期障害の症状である気分の変化、ほてり、膣の乾燥感、性欲減退などを緩和するのに役に立ちます。閉経後骨粗鬆症の治療にも効果的です。骨折の危険やそのほかの合併症の危険を軽減します。

プレマリンの副作用

一般的な副作用は次の通りです:

  • 頭痛
  • 腹部の痙攣
  • 乳房通
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 鼓腸

医療扶助を必要とする副作用は以下の通りです:

  • 乳房のしこり
  • めまいや失神
  • 不正出血
  • 激しい頭痛
  • 胸痛
  • 息切れ
  • 足の痛み

副作用は体に引き起こす急激な変化によります。ただし、他の気になる副作用が起こった場合や副作用が長く続く場合は、直ちに医師に連絡してください。

プレマリンの服用法

錠剤を嚙まず、丸ごとで服用してください。医師が処方した量のみ服用してください。錠剤を毎日服用する必要があります。治療開始時点に処方される量は0.625mgです。効果が現れるまで、最大3ヶ月かかるので、継続して薬を服用することが必要です。

薬の働きについて

プレマリン0.625mgは、更年期・卵巣摘出後に、不足したエストロゲン値を向上する働きがあります。この薬は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンを補充することで、更年期障害の症状を改善し、長期的には骨粗鬆症の治療にも効果的です。

銘記のポイント

  • 胎児の成長に悪影響を及ぼす恐れがあるため、妊娠中の女性は服用しないでください。
  • 授乳中の方はプレマリンの服用を避けてください。
  • アセノクマロール、アルベンダゾール、クロミフェン、ダナゾルなどの薬剤との併用を避けてください。
  • 心臓、肝臓や腎臓の病気の既往歴がある方は、服用する前に医師に相談する必要があります。
  • 薬が効果を発揮するまでに3ヶ月ぐらいかかるので、定期的に服用する必要があります。途中で服用を止めると効果がありません。
  • 医師の指示に厳重に従ってください。

よくある質問

プレマリンはどのような効果がありますか?

プレマリンは更年期障害の症状を緩和するために使用されます。更年期に伴う骨粗鬆症(骨の構造が海綿状になり、もろく折れやすくなった状態)の治療にも役に立ちます。

プレマリンはどのような薬物ですか?

プレマリンはエストロゲン誘導体という薬剤のカテゴリーに属します。プレマリンはエストロゲンの一種で、ホルモン補充療法に使用されます。更年期後に不足したエストロゲンを補充することで、更年期障害の症状(膣の乾燥感、ほてりなど)を緩和します。

プレマリンはHRT(ホルモン補充療法)ですか?

プレマリンはエストロゲンホルモンの配合薬です。この薬は、不足したエストロゲンを補充するのに役に立ちます。ホルモン補充療法の一種です。

プレマリンの別称は?

プレマリンは結合型エストロゲンの商品名です。この薬は、更年期障害の症状および骨粗鬆症の治療に使用されます。

プレマリンはいつまで飲む?

医師がアドバイスするように、服用期間は3年でなければなりませんが、10年以上はダメです。この薬は、1日おきに服用する必要があります。薬を飲む日を自分で選ぶことができます。1週間に2、3回のみ服用してください。エストロゲンを摂取しすぎると、体に副作用を引き起こす可能性があります。

プレマリンの服用を中止するとどうなる?

治療には、定期的な服用が必要です。この薬は、体のエストロゲン値を高めることで効果を発揮します。エストロゲンの急な減少は更年期障害の症状が再び起こる恐れがあります。

プレマリンの副作用は?

頭痛、吐き気、腰痛、不正出血、女性化乳房、胸痛、性欲の増減などは薬の副作用です。この薬は肝斑を引き起こす可能性もあることが知られています。

プレマリンはいつ飲む?

1日おき1回服用することが推奨されています。朝または晩のどちらでも服用できます。

有効成分

結合型エストロゲン0.625mg

医薬品メーカー

ワイス

(剤形

錠剤

1パックの内容

28, 56, 84