ピオグリットMFフォルテ15+850mg

¥1,151.00¥3,132.00

有効成分

ピオグリタゾン+メトホルミン

医薬品メーカー

サン・ファーマ

剤形

錠剤

1パックの内容

30, 60, 90

ピオグリットMFフォルテ15+850mgは、血糖値のコントロールに使用されます。血糖値を下げるために、身体がインスリンを適切に利用できるようにします。今すぐ購入!

商品コード: SKM190 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
30¥1,151.00
38
60¥2,197.00
37
90¥3,132.00
35

ピオグリットMFフォルテについて

ピオグリットMFフォルテは、2型糖尿病を治療するために使用されることが知られています。この薬は、「メトホルミン」と「ピオグリタゾン」の組み合わせです。ピオグリタゾンは、体内のインスリン量を高めることで血糖値を調整させ、血液中の糖分の放出を防ぎます。

セミダオニル2.5mgは、有効成分として「メトホルミン(850mg)+ピオグリタゾン(15mg)」を含有します。医師の指示通りに投与量を摂取することが勧められています。そうすることで、薬の望ましくない副作用を避けることができます。副作用には、吐き気、食欲不振、味の変化、胃痛、下痢、むくみ、目のかすみなどが含まれることがあります。

妊娠中、また授乳中の服用はお勧めできません。無視した場合、赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす可能性があります。ピオグリット MF 【メトホルミン(850mg)+ピオグリタゾン(15mg)】と、アミロライド、ケトチフェン、ベクロメタゾン、ベタメタゾンなどの医薬品との併用は避けてください。これらの薬の相互作用により、生命を脅かす可能性があります。

肝臓・腎臓の疾患がある場合、服用しないことがお勧めされています。高血圧または狭心症から回復したばかりの人だったら、この薬を使用する前に医師に相談してください。医師によって提供されるすべての指示に従ってください。そうすることで、早く回復することにも役に立ちます。

不必要な副作用(有効成分に対してアレルギー、長期の副作用、または症状が悪化する)などが発症する場合、早急な手当てを追求するべきです。薬に含まれている成分について、医師と話し合わなければなりません。

ピオグリットMFの用途

  • 2型糖尿病

ピオグリットMFのメリット

ピオグリットMFフォルテは、【メトホルミン(500mg)+ピオグリタゾン(15mg)】の組み合わせです。ピオグリタゾンは、インスリンに対する感受性を高め、インスリンの効き目を効率的に発揮させる働きをします。メトホルミンは、体内でのグルコース(糖分)の吸収を抑えることで、糖尿病患者の体に有益な働きをします。メトホルミンは、血液中の糖分の吸収を抑え、糖分を尿として体外に排出します。

ピオグリットMFフォルテの副作用

  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 味の変化
  • 胃の痛み
  • 下痢
  • 浮腫(むくみ)
  • 体重増加
  • 呼吸器感染症
  • 骨折
  • 目のかすみ

以上が薬の副作用です。これらの副作用を防ぐために、医師に提供された指示に従ってください。

ピオグリットMFフォルテの服用法

健康的な食事と一緒に薬を服用することが推奨されています。これは、食事なしで薬を服用した場合に発生する可能性のある胃痛を防ぐのに役立ちます。健康的な食事と定期的な運動は必須です。それは、回復プロセスを強化するのに役立ちます。自分で薬の量を変更しないでください。薬の摂取を中止する前に、医師に相談してください。しかし、治療が完了するまで、薬の服用を中止することはお勧めできません。医師が提供する一連の指示を厳守してください。

薬の働きについて

セミダオニル2.5mgは抗糖尿病薬です。有効成分として「メトホルミン(850mg)+ピオグリタゾン(15mg)」を含有します。この薬は、インスリンに対する体の感受性を高め、血液中に放出される糖(グルコース)の量を減少させることで効果を発揮します。血流から糖分を減らすのは、糖尿病を治療するために必要なことです。血糖値を調節することで心臓病・脳卒中のリスクが減少されます。

薬を飲み忘れた場合は?

錠剤を服用し忘れても、心配する必要はありません。気づいたらすぐに錠剤を服用してください。次の服用時間になった場合または遅すぎた場合は、飲み忘れた分を飛ばして次回の投与量を服用してください。飲み忘れた分を補うために1回で2回分の投与量を服用しないでください。この錠剤は健康的な食事と共に服用することがお勧めされています。

この薬を買った人は、アマリール(グリメピリド)1mgフォシーガ10mgも買っています。

銘記のポイント

  • 意識レベルの低下、見方に影響を与えること、めまい、眠気を感じさせるなどの症状を引き起こす可能性があるので、運転する前に服用しないでください。
  • アルコールは薬の作用を妨げられるので、飲酒しながら服用しないでください。
  • 妊娠中・授乳中にピオグリットMFフォルテ15+850mgの使用は医学の監督の下でだけ使用されるべきです。
  • 腎臓病がある方は、服用する前に医師によく相談することがお勧めされています。
  • 【アミロライド、ケトチフェン、ベクロメタゾン、ベタメタゾン】など他の薬剤との相互作用を避けてください。
  • 健康的な食事と共に日常的な運動をする習慣を守らないといけません。これは、早く回復させ、薬を効果的に働かせます。

よくある質問

ピオグリットMFフォルテの使用は?

ピオグリットは、抗糖尿病薬です。2型糖尿病の治療に使用されます。この薬は、足の切断の可能性、腎不全、盲目、および神経系に関係する問題などのような重大な合併症を予防することに役に立ちます。

ピオグリットMFフォルテをいつ飲めばよいの?

ピオグリット MFは、朝食前に服用することをお勧めします。これにより、この薬の副作用である胃のむかつきが避けられます。

ピオグリットMFフォルテの副作用は?

医師の処方や指示に従わないと、吐き気、食欲不振、味の変化、胃痛、下痢、むくみ、目のかすみなどの副作用にさらされることがあります。万が一、その他の副作用が発生した場合は、すぐに医療機関に連絡することがお勧めされています。

ピオグリットMFフォルテを服用してはいけない方は誰ですか?

妊娠中または授乳中の女性は、赤ちゃんの成長に有害であることが判明する可能性があるため、この薬を服用しないことをお勧めします。低血糖、高コレステロール、血液量の減少、腎臓、肝臓、膵臓の疾患を患っている場合は、この薬の摂取を避けてください。この点については、医師と十分に話し合うことをお勧めします。すでに服用している薬と健康状態について話し合ってください。この薬は、18歳未満の方は使用しないでください。

ピオグリットMFフォルテの服用法は?

薬は丸ごと飲み、半分に割ったり、噛んだりしないでください。毎日決まった時間に薬を飲んでください。自分で服用量を変更しないでください。治療が終了するまで、または医師が中止を指示するまで、薬を飲み続けなければなりません。健康的な食生活を心がけ、毎日運動することで、治療がより効果的になります。

有効成分

ピオグリタゾン+メトホルミン

医薬品メーカー

サン・ファーマ

剤形

錠剤

1パックの内容

30, 60, 90