オロパット0.1%(5ml)

¥606.00¥3,363.00

有効成分

オロパタジン

医薬品メーカー

アジャンタファーマ

剤形

目薬

1パックの内容

1, 3, 6

オロパット0.1%(5ml)は、アレルギー性結膜炎の症状を治療する抗ヒスタミン薬です。症状は、痒みと充血など症状があります。

商品コード: SKM179 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
1¥606.00
606
3¥1,747.00
582
6¥3,363.00
561

オロパット 0.1% 5ml 点眼薬について

オロパット 0.1% 5ml 点眼薬は、眼のアレルギー性結膜炎を治療するために使用されています。この薬は、結膜炎によって起こる眼の感染症、かゆみ、赤み(充血)、炎症などの症状を緩和する作用があります。

オロパット 0.1% 5ml 点眼薬にはオロパタジンという有効成分が含まれています。オロパタジンは抗ヒスタミン剤という薬のグループに属します。この有効成分は、アレルギー症状の原因となる物質の作用を遮断することで効果を発揮します。

オロパット 0.1% 5ml 点眼薬の使用はいくつかの副作用を伴うことがあります。副作用を避けるために医師が処方した量を守ることは大切です。妊娠中の方、授乳中の方、小児の方は使用する前に医師に相談してください。

オロパット 0.1% 5ml 点眼薬の使用

  • オロパット 0.1% 5ml 点眼薬はアレルギー性結膜炎の治療に使用されます。
  • この薬は花粉、ほこり、動物の毛などのアレルゲンによる眼の感染症、かゆみ、炎症、赤み(充血)などを和らげる作用があります。
  • 医師の処方を守ることは大切です。

誰がオロパット 0.1% 5ml 点眼薬を使用しないほうがいい

  • オロパタジンにアレルギーがある方
  • コンタクトレンズを使用している方
  • オロパットと相互作用を起こしやすいほかの薬を使っている方
  • 妊娠または授乳中の方

オロパット 0.1% 5ml 点眼薬の一般的な副作用

オロパット 0.1% 5ml 点眼薬を使用することでいくつかの副作用が現れる可能性があります。一般的な副作用は以下のようです:

  • 眼刺激
  • 眼痛
  • 眼瞼炎
  • 眼瞼浮腫
  • 眼そう痒症
  • 眼瞼湿疹
  • 角膜炎

副作用が長期間に続く場合または悪化した場合には、薬の使用を中止にして医師の診察を受けてください。

上記以外でも気になる副作用が現れた場合は、直ちに医師に相談してください。

オロパット 0.1% 5ml 点眼薬の用法

  • オロパット 0.1% 5ml 点眼薬は医師が処方した量と治療期間の通り使用してください。
  • 点眼前に手を石けんと流水でよく洗ってください。点眼するとき、容器の先端が直接手、眼やまぶたに触れないようにしてください。点眼後、まぶたをしばらく閉じて、溢れた薬液を清潔なティッシュでふき取ってください。そのまま1〜5分ぐらいまぶたを閉じて指先で軽く押してください。
  • コンタクトレンズを使っている方は、点眼前にコンタクトを外す必要があります。点眼した10分〜15分ぐらい経過した後、コンタクトをはめてください。
  • 薬の使用は途中で中止にしないでください。

オロパット 0.1% 5ml 点眼薬の働きについて

オロパットはいろいろなアレルギー反応に使用されます。オロパット 0.1% 5ml 点眼薬は通常、眼のアレルギー性結膜炎の治療に用いられています。

オロパタジンは抗ヒスタミン薬という薬のグループに属し、眼のかゆみ、充血、炎症及びほかのアレルギー反応を引き起こす化学伝達物質の作用を阻害することで効果を発揮します。

オロパタジンは、選択的ヒスタミンH2受容体拮抗剤として、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンという化学伝達物質の産生や放出を抑制します。つまり、抗ヒスタミン作用及び抗アレルギー作用を示すことによって、アレルギー症状を消失または和らげます。

薬を点眼し忘れた場合

薬を点眼し忘れても心配することはありません。気が付いたとき、できるだけ早く忘れた分を使用してください。ただし、次の点眼の時刻になった場合は、忘れた分をスキップして次の点眼量を使用してください。忘れた分を補うために2回分を1回に点眼しないでください。

銘記のポイント

オロパット 0.1% 5ml 点眼薬を使用する際は、以下のような点に注意してください:

  • この薬は外用のみなので、摂取しないようにしてください。
  • 妊娠または授乳中の方は使用する前に医師に相談することが必要です。
  • アルコールとの作用がまだ不明ですが、安全性のために一緒に摂取しないでください。
  • この薬の使用は短期間視力障害を引き起こす可能性があるので、集中力が必要である機械の扱いや運転などを実行しないでください。
  • 腎臓や肝臓との相互作用がまだ不明なので、腎臓病や肝臓病の方は医師に相談なく、使用しないでください。
  • コンタクトを使用している方は、コンタクトを外して点眼してください。点眼後、10分〜15分ぐらい経ってからコンタクトをはめることができます。
  • 症状が治まったとしても、治療期間が終わるまで薬を使い続けてください。
  • 薬液汚染予防のために、直接容器の先端が手指や目に触れないように注意してください。
  • 命懸けの深刻な副作用が現れる可能性があるので、アプレピタント、フォサプレピタント、ザフィルルカスト、アルプラゾラムという薬剤が含まれる薬と併用に使用しないでください。また、現在使用している薬剤との相互作用についても医師によく相談してください。

よくある質問

オロパット 0.1% 5ml 点眼薬の使用は何ですか。

この薬は、眼のアレルギー性結膜炎の治療に用いられています。アレルギー性結膜炎が引き起こす感染症、かゆみ、赤み(充血)、炎症などを和らげます。

オロパタジンは効果が出るまでにどのくらいかかりますか。

オロパタジンは点眼後30分以内に目のかゆみを軽減するという報告もあります。

オロパタジンの副作用は何ですか。

オロパタジンの使用はいくつかの副作用を伴うことがあります。主な副作用として、眼刺激、眼痛、眼瞼炎、眼瞼浮腫、眼そう痒症、眼瞼湿疹、角膜炎などが報告されています。副作用が長期間に続く場合は直ちに医師に相談してください。

オロパタジンを大量に使うとどうなりますか。

オロパタジンの過量投与は危険ではないと思われています。ただし、薬を摂取した場合は医療支援を受ける必要があります。

オロパット 0.1% 5ml 点眼薬はステロイドですか。

この薬はステロイドではありません。アレルギー症状を治療するために使用される薬です。もっとも一般的には、アレルギー性結膜炎の治療に使用されます。医師に相談なく、オロパットを使用しないでください。

オロパタジンはほかの目薬と併用できますか。

ほかの目薬を使用している場合は、オロパタジンを点眼した後、5分以上経ってからほかの点眼液を使用してください。

有効成分

オロパタジン

医薬品メーカー

アジャンタファーマ

剤形

目薬

1パックの内容

1, 3, 6