ノルバスク5mg

¥3,780.00¥5,700.00

有効成分

アムロジピン5mg

医薬品メーカー

ファイザー

剤形

錠剤

1パックの内容

60, 90, 150

ノルバス5mgは、カルシウム拮抗剤として知られる薬のグループに属します。高血圧の治療に役立ちます。今すぐ注文を!

商品コード: SKM183 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
60¥3,780.00
63
90¥4,500.00
50
150¥5,700.00
38

ノルバスク5mgについて

ノルバスク5mgは、高血圧および狭心症の治療に用いられる降圧剤です。カルシウム拮抗薬のグループに属しており、アムロジピンベシル酸塩5mgが有効成分として含有されています。ノルバスク5mgは、血管の筋肉に対するカルシウムの働きを抑制することによって、血管を広げて血圧を下げる効果があります。一般名はアムロジピンで、高い降圧効果と副作用が少ないことから、第一選択薬として多くの患者に投与されている代表的な薬です。

ノルバスク5mgは、アメリカ合衆国のニューヨークに本社を置くファイザーが製造・販売しています。1993年12月より発売されており、日本では認可されている医薬品として承認されている降圧剤です。ファイザーはグローバル製薬会社で、100年以上の長い歴史を誇ります。

ノルバスク5mgを服用することでいくつかの副作用を伴うことがあります。副作用を避けるため、服用する前に医師に相談することは大切です。妊娠または妊娠する可能性がある女性はこの薬を服用しないでください。

ノルバスク5mgの働きについて

ノルバスク5mgは、全世界で用いられている安全な高血圧症および狭心症の治療薬です。ノルバスクは、降圧剤で、カルシウム拮抗薬の薬のグループに属します。成分として、アムロジピンベシル酸塩が含まれています。

血圧とは、心臓から血液を送り出すときに、動脈の内壁にかかる圧力のことです。高血圧は、血管の狭窄や血液量の増加により、血流に大きな圧力がかかる状態です。高血圧の原因は、血管壁の細胞内にカルシウムが侵入することです。これを防ぐために、カルシウム拮抗薬が用いられます。

ノルバスク5mgはカルシウム拮抗薬で、血管の筋肉に対するカルシウムの作用を抑えることで、血管を拡張して血圧を改善します。ノルバスク錠では、有効成分であるアムロジピンベシル酸塩が血管平滑筋に入り、カルシウムイオンが血管血管細胞に入り込むのを防ぎます。これにより、心臓に栄養を送る冠状動脈血管や末梢血管が拡張し、血流が穏やかになって血圧が下がります。

ノルバスク5mgの利点:ノルバスク5mgは、高血圧のほか、狭心症の治療にも役に立ちます。アムロジピンベシル酸塩は、心臓の収縮を抑えて、心臓への負担を和らげることで効果を発揮します。効果は緩やかなので、緊急の治療ではなく、日常的に服用する薬です。血糖値、脂質や尿酸への影響がないことから、年齢を問わず、多くの方にお使いいただけます。また、アムロジピンベシル酸塩は、6歳以上の小児の高血圧症にも使用できる成分です。

ノルバスク5mgの副作用

主な副作用:主な副作用として、ほてり(熱感、顔面潮紅など)、めまい・ふらつき、頭痛・頭重、動悸、浮腫、発疹、かゆみ、じんましん、光線過敏症、多形紅斑、血管炎、血管浮腫、歯肉肥厚などが現れることがあります。

重大な副作用:重大な副作用として、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、無顆粒球症、白血球減少、血小板減少、房室ブロック、横紋筋融解症などが現れることが報告されています。

注意:副作用が長期間に続く場合や悪化した場合、またはほかの気になる症状が出た場合には、担当の医師に相談することが必要です。

ノルバスク5mgの用法・用量

高血圧治療として服用する場合と、狭心症の治療で服用する場合で、使用方法は異なるので、ご注意ください。投与量の目安は以下の通りですが、服用する前に必ず担当の医師に相談してください。

  • 高血圧の場合:成人における高血圧の治療には、1日1回2.5〜5mgを投与します。なお、効果が不十分と判断された場合には増量することができますが、1日10mgは最大量です。高血圧治療薬として、6歳以上の小児の場合は、1日1回2.5mgから投与を開始して、最大投与は5mgです。医師に相談せずに、服用しないでください。毎日決まった時間に錠剤を服用してください。
  • 狭心症の場合:狭心症の場合には、1日1回5mgずつ服用することができます。なお、症状によって投与量も異なるので、医師に相談した上で、服用してください。狭心症治療薬として、ノルバスクは日常的に使用する薬なので、服用するのを忘れないようにしてください。毎日決まった時間に服用してください。

薬を飲み忘れた場合:錠剤の飲み忘れについて、高血圧治療の場合と、狭心症治療の場合とで異なるので、ご注意が必要です。

高血圧の場合:錠剤を忘れたとしてもあまり心配する必要はありません。飲み忘れた翌日、いつもの服用時間に1回分を服用してください。

狭心症の場合:狭心症の治療では、1日以内に飲み忘れたことに気づいた場合は、その時点で1回分を服用してください。

注意:医師に相談せずに、自己治療をしてはいけません。錠剤は毎日決まった時間に服用してください。いずれの場合も、一度に2回分を服用しないでください。

ノルバスク5mgの使用上の注意事項

ノルバスク5mgの服用に注意する必要がある方:

以下の方は服用する前に医師に相談してください:

  • 過度な低血圧がある方
  • 肝機能障害のある方
  • 高齢者
  • 重大な腎機能障害のある方

ノルバスク5mgを使用してはいけない方:

以下の方は服用しないように注意してください:

  • アムロジピンベシル酸塩(ジヒドロピリジン系化合物)に対して過敏症の既往歴がある方
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある女性
  • 6歳未満の小児

ノルバスク5mgの併用注意:

この薬は、以下のケミカルと併用しないでください:

  • CYP3A4阻害剤
  • CYP3A4誘導剤
  • シンバスタチン
  • 降圧剤を使用中の方
  • タクロリムス
  • グレープフルーツジュース

ノルバスク5mgを使用している際、下記のポイントに注意してください:

  • 望ましくない副作用が出る可能性があるので、アルコールと一緒に服用しないでください。
  • 血圧が下がることによって、めまいやふらつきが起こることがあるので、車の運転、高所作用や機械の操作を避けてください。
  • 抗結核薬や抗けいれん薬との併用は、薬の効果を弱めることがあります。

よくある質問

ノルバスク5mgは何ですか。

ノルバスクは、カルシウム拮抗薬に属した降圧剤で、高血圧および狭心症の治療に使用されています。この薬には、有効成分として、アムロジピンベシル酸塩が含まれています。

ノルバスク5mgの使用は何ですか。

この薬は、高血圧および狭心症の治療に用いられています。

ノルバスク5mgの副作用は何ですか。

副作用として、頭痛、ほてり、動悸、めまい、ふらつき、血圧低下などが報告されています。副作用を避けるために医師の処方に従ってください。

ノルバスク5mgをいつ服用したほうが良いですか。

錠剤を毎日決まった時間に服用してください。医師が処方した通りに服用してください。この薬は、食事の影響を受けていないので食前・食間・食後を問わず服用できます。

ノルバスク5mgは良い降圧剤なのでしょうか。

ノルバスク(アムロジピンベシル酸塩)は血圧を下げるのによく効き、多くの人が第一選択薬として使用しています。また、狭心症の治療にも効果があります。

ノルバスク5mgは子供でも使えますか。

はい、この薬は、6歳以上の小児の高血圧を治療するために使用することができます。

有効成分

アムロジピン5mg

医薬品メーカー

ファイザー

剤形

錠剤

1パックの内容

60, 90, 150