レビトラ40mg

¥4,218.00¥8,418.00

有効成分

バルデナフィル

医薬品メーカー

バイエル

剤形

錠剤

1パックの内容

30, 60, 90

商品コード: SKM218 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
30¥4,218.00
141
60¥6,926.00
115
90¥8,418.00
94

レビトラ40mgについて

使用・効果

レビトラ40mgは、勃起不全(ED)を改善する治療法として知られています。 

有名なバイアグラ【シルデナフィル】とは異なり、この薬は浸透が速く、すぐに効果を表します。

レビトラは、PDE5阻害剤と呼ばれる薬のグループに属しています。 

EDの主な原因であるPDE5酵素の作用を抑えることで効果を発揮します。

有効成分

有効成分としてバルデナフィルを含有しています。

作用時間

薬の効果は8〜10時間持続しますが、体格や身体の構築によって異なる場合もあります。また、性的興奮・刺激を受けているときのみ効果があります。

製薬会社について

レビトラは、ドイツのバイエル社が開発したED治療薬です。

ドイツに本社を置くバイエルは、鎮痛剤アスピリンを開発した世界的に有名な製薬会社です。 他の代表的な医薬品として【レビトラ】なども製造しています。 また、日本に子会社を持ち、医薬品市場で8位にランクされています。

レビトラ40mgの働きについて

レビトラはバルデナフィルという有効成分で構成されています。バルデナフィルは、PDE5阻害剤であり、勃起を妨げるPDE5酵素の働きを阻害する効果があります。PDE5酵素の活性化を阻害し、陰茎付近血管拡張と陰茎内部の海綿体という組織の血管を弛緩させます。その効果で、血管が拡張され、海綿体の筋肉が弛緩されることで、海綿体の組織に血液がより多く流れ込みやすくして勃起を促進します。

レビトラ40mgの副作用

主な副作用:頭痛、ほてり、潮紅、めまい、視覚異常、結膜炎、胸痛、動悸、頻脈、鼻炎、睡眠障害、嘔吐、下痢、疲労感、ねむけ、のどの渇き、起立性低血圧などがあります。

頭痛・ほてり・潮紅の副作用に関しては、服用後に血管が広がっている状態なので、2〜3時間がたてば薬の効果とともに自然に落ち着きます。

重大な副作用:程度は低いですが、持続勃起症(プリアピズム)、陰茎損傷、勃起機能喪失、急激な血圧低下、視覚障害などがあります。これらの副作用が起こった場合は、直ちに医療扶助を受けてください。

他に気になる副作用が出た場合には、医師の診療を受けてください。

副作用が長期間に続く場合もしくは悪化した場合は、薬の服用を中止して医師に伝えてください。

レビトラ40mgの用法・用量

性行為のおよそ20〜30分前を目安に服用してください。

1回で1錠を服用してください。また、服用間隔は24時間以上あけるようにしてください。

最大限の効果を得るには、医師の指示に従わなければなりません。 

 ※薬は食事の影響を受けにくいと言われていますが、安全上の理由から、服用後は30分程度待ってから食事を摂ってください。また、高脂肪食は薬物の吸収に影響を与える可能性があるため、服用する前に低脂肪食を摂ってください。  

薬を飲み忘れた場合:勃起不全を治療するための薬なので、飲み忘れても大きな障害や副作用がでません。

この薬を買った人は、サビトラ20mgも買っています。

注意:医師に相談せずに薬を服用しないでください。この薬は男性用ですので、女性には使用しないでください。

レビトラ40mgの使用上の注意

使用に注意すべき方

以下の方は、服用する前に医師に相談してください:

  • 陰茎の構造に欠陥がある男性(ペイロニー病など)
  • 血液の病気がある方(鎌状赤血球性貧血など)
  • PDE5阻害剤やほかのED治療薬を使用中の方
  • 腎障害がある方
  • 肝障害がある方
  • 高齢者
  • 出血疾患もしくは消化性潰瘍
  • Α遮断薬を使用中の方
  • 多系統萎縮症の方

服用してはいけない方

  • 女性
  • 過去にバルデナフィルに過敏症の既往歴がある方
  • 硝酸イソソルビド、ニトログリセリン、亜硝酸アミル、などの硝酸剤などを使用中の方
  • 深刻な肝臓病がある方
  • 心臓疾患やほかの合併症があって、性行為が不適当だと思われる方
  • 低血圧または安定していない高血圧の方
  • 過去6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴がある方
  • 網膜色素変性症の方
  • アミオダロン塩酸塩(経口)を使用中の方
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を使用中の方

併用禁忌薬:sGC刺激剤リオシグアト(アデムパス)、硝酸剤およびNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)、アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)

※ほかの薬を使用している場合は、必ず医師に相談してください。

ほかの注意すべき点:

  • 本剤は急激な視力低下や視力障害を与える可能性があるので、車の運転、危険を伴う機械の扱い、高所作業などを行わないでください。
  • 脂質が多い食事に注意する必要があります。
  • 服用中はアルコールを摂取しないでください。

よくある質問

レビトラ40mgとは?

勃起不全(インポテンツ)の治療に役立つPDE-5阻害剤(ホスホジエステラーゼ阻害剤)です。有効成分はバルデナフィルです。陰茎の血液を増加させることにより、性交時に適切な勃起を維持します。

バルデナフィルとは?

バルデナフィルは、勃起不全(インポテンツ)の治療に役に立ちます。PDE-5阻害剤と知られる薬のカテゴリーに属します。

レビトラ40mgの効果時間はどれくらいですか?

薬の効果は約8〜10時間持続しますが、方によって異なる場合もあります。有効成分はバルデナフィルです。充分な効果を得るために、医師の処方に従って服用してください。

レビトラ40mgの副作用は何ですか?

頭痛、ほてり、潮紅、めまい、視覚異常、結膜炎、胸痛、動悸、頻脈、鼻炎、睡眠障害、嘔吐、下痢、疲労感、ねむけ、のどの渇き、起立性低血圧などがあります。副作用が持続したら医師に相談してください。

程度は低いですが、持続勃起症(プリアピズム)、陰茎損傷、勃起機能喪失、急激な血圧低下、視覚障害などがあります。これらの副作用が起こった場合は、直ちに医療扶助を受ける必要があります。

レビトラは何時間前に飲むのが良い?

レビトラは20〜30分前に服用する必要があります。

レビトラを飲んだら食事は何分後?

レビトラは食事の影響を受けにくいと報告されていますが、錠剤を服用後、食事のタイミングまで30〜60分程の間隔をあけることをお勧めします。それは、レビトラの有効成分「バルデナフィル」が服用後に15〜30分以内に腸から血中に吸収されるためです。

レビトラはアルコールと併用してもいい?

大量のアルコールは勃起を妨げたり副作用を引き起こしたりする恐れがあります。ですから、飲酒しながらの服用をしないでください。

レビトラは何分で効く?

レビトラは「シルデナフィル」と「タダラフィル」に比べて、即効性が高いです。服用してから、15〜30分以内で効果が現れます。

バルデナフィルとシルデナフィルはどのように違いますか?

バルデナフィルはシルデナフィルと違い、浸透が素早く、即効性です。更に、バルデナフィルは食事の影響は少ないので、食前、食間、食後に関わらず、服用することができます。

有効成分

バルデナフィル

医薬品メーカー

バイエル

剤形

錠剤

1パックの内容

30, 60, 90