イベコップ12mg

¥440.00¥1,203.00

有効成分

イベルメクチン

医薬品メーカー

Tosc International

剤形

錠剤

1パックの内容

3, 6, 9

イベコップ12mgは、体内の腸管ストロンギロイト症や糸状虫の蔓延などの寄生虫病のために使用される薬です。

商品コード: SKM241 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
3¥440.00
147
6¥823.00
137
9¥1,203.00
134

イベコップ12mgについて

使用・効果

イベコップ12mgは、駆虫薬と呼ばれるクラスに属し、【皮膚、腸、目】など体の寄生虫感染症の治療に使用されることが知られています。

この薬は、感染症を引き起こす寄生虫の退治に役立ちます。イベコップは服用後すぐに気分がよくなるという効果があります。

有効成分

イベコップ12mgは有効成分として「イベルメクチン」を含んでいます。イベルメクチンは、駆虫薬で、体内の腸管ストロンギロイト症や糸状虫の蔓延などの寄生虫病のためにも用いられます。オンコセルカ症(眼と皮膚の疾患)の治療にも使用されることが知られています。

イベルメクチンは局所形で、アタマジラミなどの外部寄生虫および酒さのような皮膚の状態を治療するためにも承認しました。

作用時間

イベルメクチンの効果は比較的すぐに働きます。この薬は親油性で、(高)脂肪食と一緒に服用すると、2.5倍の生物学的利用能の増加を示されます。そのため、空腹に服用することがお勧めされています。逆に、食事と一緒に服用すると表皮に薬物の浸透速度が増加されます。このため、シラミや疥癬の治療に役立ちます。

製薬会社について

Tosc Internationalは1985年以来医薬品製剤の大手メーカーの一つです。GMP・ISO 9001:2008認定企業です。【錠剤、軟膏、シロップ、カプセル、点眼剤・点耳剤、注射、栄養補助食品などの医薬品の製造に従事しています。

イベコップ12mgの働きについて

イベコップ12mg(イベルメクチン)は駆虫薬で、寄生虫感染症「皮膚、腸、目」の治療を目的として使用されます。この医薬品は、感染症を引き起こす寄生虫を退治する効果があります。この薬剤は寄生虫の筋肉や神経細胞に縛ることで、寄生虫の麻痺や死を引き起こす働きがあります。イベコップは服用後すぐに働き始めますので、効果も早く感じられます。

イベコップ12mgの副作用

主な副作用

  • 下痢
  • 食欲不振
  • 便秘
  • 腹痛
  • かゆみ
  • 発疹
  • まぶたや眼の刺激
  • 吐き気
  • 肝機能異常

重大な副作用

  • 中毒性表皮壊死融解症(TEN)
  • 皮膚粘膜眼症候群(高熱、目の充血、ただれなど)
  • 肝機能障害(倦怠感、食欲不振、黄疸)
  • 血小板減少(鼻血、歯ぐきの出血、皮下出血など)

イベルメクチンを服用してから何らかの異常が現れた場合、服用を中止して医師に相談してください。

※他に気になる副作用が出た場合には、医師の診療を受けてください。

※副作用が長期間に続く場合もしくは悪化した場合は、薬の服用を中止して医師に伝えてください。

イベコップ12mgの用法・用量

イベルメクチン(イベコップ)は、通常、体重の1kg当たり、約200μgを1回服用することがお勧められています。

患者の体重によって、体重1当kg当たりの服用量は以下のようです。

15-24kgの患者には3mg、

25-35kgの患者には6mg、

36-50kgの患者には9mg、

51-65kgの患者には12mg、

66-79kgの患者には15mg、

80kg以上の患者には(同じ通り)約200μg/kgです。

※腸管糞線虫症を治療する場合、2週間間隔で2回服用するべきです。決まった時間に服用することは必要がありませんが、空腹時に水で服用することがお勧められています。

※水以外食事などを服用しないでください。

薬を飲み忘れた場合:この薬は、通常、単回投与がお勧めされていますが、重度の寄生虫の場合、用量は数回投与します。1回投与でも飲み忘れると、寄生虫は薬剤に対する抵抗力が高められることになります。その結果、薬は働かなくなり、寄生虫を退治する効果を失ってしまいます。

この薬を買った人は、アナフラニール75mgノルバスク5mgも買っています。

注意:医師に相談せずに薬の使用を避けてください。この薬は男性用のみで、女性は絶対に使用しないように注意してください。

イベコップ12mgの使用上の注意

  • イベコップと一緒にアルコールを摂取しないようにしてください。
  • 通常、運転能力に影響を与えません。
  • 肝臓病・腎臓病のある方にこの薬を使用するかどうかについて情報は少なくなりません。肝臓病と腎臓病の患者は服用する前に医師に相談してください。
  • イベコップ12mgは安全で、忍容性のある薬です。しかし、薬物相互作用の可能性があり、【ワルファリン】に投与される場合、2つの薬の組み合わせは出血の原因となる人がいます。
  • この医薬品(イベルメクチン)は妊娠中・授乳中に使用することについて限定情報があります。ですので、妊娠中と授乳中に服用する前に医師に伝えてください。

よくある質問

イベコップ12mgとは?

イベコップ12mgは、駆虫薬というクラスに属します。皮膚や腸や目など体の寄生虫感染症の治療に使用されます。

イベルメクチンの使用は?

イベルメクチンは感染症を引き起こす寄生虫を退治する効果があります。イベコップは服用後すぐと気分をよくしていきます。

イベコップは妊娠中に使用すればいいの?

妊娠中・授乳中を使用するかに関する研究が不足しています。しかし、この状態のある方はイベコップを服用する前に医師に相談しなければなりません。

イベルメクチンの副作用は?

イベルメクチンのいくつかの副作用は以下の通りです。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 低血圧
  • アレルギー反応(じんましんやかゆみ)
  • めまい


イベコップ12mgは食事の何分前に飲めばいい?

医師に相談してからでないと、この薬を服用してはいけません。人の健康状態や(寄生虫感染症の治療かシラミや疥癬の治療か)によって、飲む時間は異なります。寄生虫感染症がある方は空腹時と、シラミや疥癬がある方は食事と一緒に服用することがお勧められています。

有効成分

イベルメクチン

医薬品メーカー

Tosc International

剤形

錠剤

1パックの内容

3, 6, 9