シプラクチン 4mg

¥198.00¥566.00

有効成分

シプロヘプタジン

医薬品メーカー

シプラ

剤形

錠剤

1パックの内容

30, 60, 90

シプラクチン 4mgは、発疹、じんましん、かゆい、鼻水、涙目、咳など、様々なアレルギーを治療するために使用されます。今すぐ買う

商品コード: SKM227 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
30¥198.00
7
60¥389.00
6
90¥566.00
6

シプラクチン4mgについて

シプラクチン4mgは速効性がある薬です。抗ヒスタミンと呼ばれる薬のグループに属し、効果も高いです。この薬は、アレルギーが原因となることで、【鼻炎や、じんましん、湿疹・皮膚炎、かゆみ】などの様々な症状を緩和するために使用されます。 体内でアレルギーを引き起こすヒスタミンという物質の受容体をブロックすることで、アレルギー反応を減らします。これは有効成分として、シプロヘプタジンを含有します。

シプラクチン4mgは、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーの治療にも効果的です。これは、炎症、うっ血、かゆみ、および他のアレルギー反応を引き起こす特定の化学的伝達の放出を阻止することによって作用します。花粉症などのアレルギー性鼻炎がある場合はくしゃみや鼻水に効果があり、アレルギー性皮膚炎の場合は、かゆみを抑える効果があります。

シプラクチン4mgに提供するメリットにかかわらず、いくつかの副作用に関連付けられています。副作用を避けるため、または薬の最大限の効果が得られるために、服用する前に医師に相談してください。

シプラクチン4mgは、シプラという会社が製造・販売しています。1935年にインド・ムンバイに設立されたこの製薬会社はジェネリック医薬品の大手メーカーです。

薬の働きについて

シプラクチン4mgは、抗アレルギー薬で様々なアレルギー症状を治療します。抗ヒスタミン剤に属したこの薬は、アレルギーの原因となるヒスタミンh1受容体に拮抗し、様々なアレルギー症状を緩和します。

抗ヒスタミン剤としての役割:アレルギー反応の症状は【季節性アレルギー、食品】などによって引き起こされるかもしれません。アレルギー症状が現れると、体内でヒスタミンという物質が生成されます。シプラクチン(シプロヘプタジン)は抗ヒスタミン薬であり、アレルギー症状を軽減することによって、ヒスタミンの作用をブロックします。花粉の場合、それが体内に入ると、物質であるヒスタミンが生成され、花粉を体外へ出そうとします。このヒスタミンがH1受容体に結合することで、花粉を体外へ排出しようとくしゃみや鼻水などの症状を引き起こします。

そこで、有効成分であるシプロヘプタジンは、花粉に過敏に反応して放出されるヒスタミンを抑制することでアレルギー症状を抑えます。シプロヘプタジンは、ヒスタミン受容体に拮抗する作用があるので、アレルギー症状を改善することができます。ヒスタミンが受容体に結合する前に、シプロヘプタジンはその活動を抑制することで、くしゃみやかゆみなどのアレルギー症状の発生を抑えます。

シプラクチン4mgのメリット:短期間で効果があり、服用してからすぐに症状が治まります。また、抗ヒスタミン剤の副作用であった眠気などの副作用が少ないことも特徴です。

シプラクチン4mgの服用法

1日1回1錠を就寝前に水またはぬるま湯で服用してください。症状・年齢・体重によって投与量が異なりますので、服用する前に医師に伝えてください。効果の持続時間は24時間です。1日の限度量を超えないように注意してください。

季節性アレルギーの場合:花粉症などの季節性アレルギーの場合には、前もって服用しておくことで発症を抑える方法もあります。好発季節から服用し始めて、好発季節の終わりまで持続することが推奨されます。ただし、服用する前に医師に相談するべきです。

薬を飲み忘れた場合:錠剤を飲み忘れた場合は気づいた時点で1回分1錠を服用してください。次回の服用時間に迫っている場合には次回の服用分から服用してください。飲み忘れた分を補うために一度に2回分を服用しないでください。

この薬を買った人は、アレリド10mgも買っています。

注意:医師に相談なしで薬を使用しないでください。

シプラクチン4mgの副作用

シプラクチン4mgを服用した場合、以下のような副作用が現れることがあります。

主な副作用:主な副作用として、めまい、発疹、吐き気、倦怠感、口渇、頭痛などが起こることがあります。

稀な副作用:稀な副作用として、呼吸困難、低血圧、じんましん、ショック、アナフィラキシー症状、けいれん、全身倦怠感、食欲不良、皮膚や白目が黄色くなる、鼻血、歯茎の出血、皮下出血があります。

副作用は、体が薬になるにつれて治まります。ただし、長期間に続く場合または悪化した場合は、直ちに医師に相談してください。

シプラクチン4mgの使用上の注意

服用してはいけない方:

以下の方はシプラクチンを服用する前に必ず医師に相談してください:

  • シプロヘプタジンに対して過敏症のある方、もしくはそれに対して過敏症の既往歴がある方
  • アルコールを飲む方
  • 腎臓障害のある方
  • 肝障害のある方
  • てんかんなどのけいれん症状のある方、またはその既往歴のある方
  • 高齢者の方
  • 妊娠中または妊娠の可能性のある方
  • 授乳中の方
  • シプラクチン(シプロヘプタジン)の併用注意

以下との併用に注意する必要があります:

  • テオフィリン
  • リトナビル
  • 中枢神経抑制剤・アルコール(中枢神経系統に影響を及ぼす)
  • ピルシカイニド塩酸塩水和物(血中濃度の上昇)

重要な基本的注意事項:

  • この薬は眠気を催す恐れがあるので、自動車の運転または危険性がある機械の扱いをしないでください。
  • 季節性アレルギーの場合は、好発季節から服用を始めて好発季節の終わりにまで使い続けてください。
  • 腎臓病や肝臓病の方は医師に相談せずに服用しないでください。
  • 新生児、乳児、幼児、小児、低出生体重児に対して安全性がまだ確立していないので、使用を避けてください。
  • シプラクチンの服用が効果的ではない場合は、医師に相談してください。

よくある質問

シプラクチン4mgの使用は何ですか。

シプラクチンは抗アレルギー薬で、鼻水、くしゃみ、かゆみ、涙目のような様々なアレルギー症状の治療に使用されます。じんましんの症状を緩和するのにも役に立ちます。

シプラクチン4mgは疲れや眠気を催すのでしょうか。

はい、シプラクチンは眠気を催すことがあります。眠気の症状が出た場合は自動車の運転や危険性がある機械の扱いを避けてください。

シプラクチン4mgはステロイドですか。

シプラクチン錠剤は抗アレルギー薬で、ステロイドではありません。鼻水、かゆみ、涙目、皮膚炎、湿疹などの様々なアレルギー症状を治すために用いられています。

シプラクチン4mgはどのくらいで効くのでしょうか。

シプラクチンを服用後、1時間以内に症状が改善する効果があります。しかし、充分な効果を実感するには、もう少し時間がかかるかもしれません。

シプラクチン4mgは抗生物質ですか。

いいえ、シプラクチンは抗ヒスタミン剤に属する抗アレルギー薬で、抗生物質ではありません。アレルギー症状を和らげる効果があります。

有効成分

シプロヘプタジン

医薬品メーカー

シプラ

剤形

錠剤

1パックの内容

30, 60, 90