ビマット0.03% w/v

¥1,132.00¥5,641.00

有効成分

ビマトプロスト

医薬品メーカー

アジャンタファーマ

剤形

目薬

1パックの内容

1, 3, 6

ビマット0.03% w/vは、緑内障の目の高い圧力を下げるために使用されます。緑内障は、視神経が損傷を受けた状態です。

商品コード: SKM226 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
1¥1,132.00
1132
3¥3,105.00
1035
6¥5,641.00
940

ビマット0.03%点眼液について

ビマット0.03%点眼液の点眼薬は高眼圧を治療するために使用されます。早期に治療しないと、緑内障が発症するおそれがあります。そのため、視神経に永久的な損傷を与え、耐え難いほどの痛みや失明の可能性があります。

ビマットは有効成分としてプロスタグランジンアナログであるビマトプロストで構成されています。目の体液である房水を増加させ、眼圧を下げることで機能します。食べ物の有無にかかわらず撮影できます。この薬は外用にのみ使用されます。

妊娠中や母乳育児の方、あるいは腎臓や肝臓の病状がある方は、点眼量を調整する必要になる可能性があるので、事前に医師に相談してください。運転中や集中力を要する作業を行うとき、この薬を使用しないでください。この点眼薬は目をかすませることができます。

医師が指示した処方に従うことは大切です。処方した量よりも多くの量を使用すると深刻な副作用が現れます。また人によって重症度が異なるので、その薬が他の人に同じように効くとは限りません。これは、個人差や症状の重さ、患者さんの健康状態によって起こるものです。

有効成分のアレルギーや副作用が長期間に続く場合、または症状が悪化した場合には、直ちに医師の診察を受けてください。薬に含まれている有効成分についても医師とよく相談するべきです。

ビマット0.03%点眼液の用途

  • 緑内障
  • 高眼圧

ビマット0.03%点眼液のメリット

この薬は、眼圧を上げて高眼圧を抑える効果があります。そのため、失明または視神経障害など、緑内障の深刻な合併症を予防します。また、高眼圧による目の痛みを和らげる効果もあります。さらに、目の潤滑に役立つ体液の放出を促進します。この薬は感染した目のみに使用することをお勧めします。

ビマット0.03%点眼液の副作用

ビマットの副作用は医療支援を必要とせずに自然におさまる傾向があります。次はいくつかの副作用です:

  • 目のかゆみ
  • 結膜充血(目の中の炎症)
  • ドライアイ
  • 焼けるような痛み 
  • 目の痛みや刺激がある 
  • 涙が出ること
  • 頭痛

医師の指示に従うことで、前述の副作用が回避できます。副作用が長期間に続く場合は、直ちに医療支援を受けてください。

ビマット0.03%点眼液の服用法

この薬は外用薬のみです。妊娠中や母乳育児の方、または肝臓や腎臓の病状がある方は、使用する前に医師に相談することをお勧めします。それは、胎児の成長や臓器の損傷を防ぐために点眼量の調整が必要があるからです。薬の副作用を避けるために処方された量だけ使用してください。

薬の働きについて

ビマット点眼薬は眼房水の生産を上げることで高眼圧を抑える役割があります。そのため、失明または視神経障害など、緑内障の深刻な合併症を予防します。この薬は、最高の結果を得るためには、規定の量を使用するのがベストです。

この薬を買った人は、ケアプロスト0.03% (3ml)も買っています。

薬を飲み忘れた場合は?

点眼し忘れても心配する必要はありません。できるだけ早く点眼し、忘れた分の量をさしてください。ただし、すでに次の点眼時刻になっている場合は、忘れた分をあきらめて、次の分から点眼してください。

銘記のポイント

  • 点眼したあと、ゆっくり休んでください。車の運転、機械の扱いなど、集中力を要する作業を行わないでください。
  • アルコールを摂取したとき、この点眼薬を使用すると脱水が起こる恐れがあります。
  • 妊娠中、または母乳育児の方は医師の処方に従って使用してください。
  • 腎臓や肝臓の病気がある方は、使用する前に医師に相談してください。
  • 果物を食べ、ビタミンAとビタミンCが豊富な健康的な食事を持続することで、視力の向上と眼圧を軽減するのに役立ちます。

よくある質問

ビマット0.03%点眼液とは?

この薬は高眼圧を軽減するのに役に立ちます。緑内障と緑内障の深刻な合併症の治療にも使用されていることが知られています。この薬は単独でも、他の薬と併用しても用いられます。

ビマット点眼液の使用は?

ビマットは高眼圧と緑内障の治療に使われています。眼圧を放置すると、失明や神経系の恒久的なダメージの恐れがあります。眼房水の量を増やすことで、神経系からの圧力を解放する効果があります。

ビマットで失明するの?

この薬は高眼圧を治療するのに役立ちます。ビマットは、神経系の耐え難い痛みや失明など、緑内障の深刻な合併症を防ぐために使用されることが知られています。

ビマット0.03%点眼液の副作用は?

目のかゆみ、結膜充血(目の中の炎症)、ドライアイ、焼けるような痛み、目の痛み、涙が出ること、頭痛などの副作用が現れる可能性があります。副作用は医療支援を必要とせずに自然におさまる傾向があります。副作用が長期間に続く場合は、直ちに医療支援を受けてください。

ビマット0.03%点眼液の効果はいつから?

治療中の変化がわかるようになるまで、最低でも4週間は目薬を時刻通り使用する必要があります。

有効成分

ビマトプロスト

医薬品メーカー

アジャンタファーマ

剤形

目薬

1パックの内容

1, 3, 6