ビゴメット 250mg

¥190.00¥527.00

有効成分

メトホルミン

医薬品メーカー

アリスト・ファーマ

剤形

錠剤

1パックの内容

30, 60, 90

ビゴメット 250mgは、血糖値を調節する抗糖尿病薬です。PCOSの治療にも使用されます。今すぐ注文

商品コード: SKM166 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
30¥190.00
6
60¥367.00
6
90¥527.00
6

ビゴメット250mgについて

ビゴメット250mgは2型糖尿病を治療するために使用されます。この薬は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療のためにも用いられることが知られています。 ビゴメットは、血液中の糖分の放出を防ぐことで、高血糖を制御する効果があります。

ビゴメットは有効成分として「メトホルミン」を含有します。医師の指示通りに投与量を摂取することが勧められています。より低い投与量はあまり効果がないかもしれません。一方、高い投与量を服用すれば、副作用を引き起こす可能性があります。

妊娠中の場合、この薬は医学的指導なしに服用すべきではありません。ビゴメット(メトホルミン)と、「アミロライドやケトチフェンやベクロメタゾンやベタメタゾン」などを含む薬と一緒に服用することを避けてください。これらの薬の相互作用は深刻な副作用を引き起こす可能性があり、それは生命を脅かしかねなくなるかもしれません。

肝臓または腎臓の状態がある人、または高血圧または狭心症から回復したばかりの人だったら、この薬を使用しないでください。医師によって提供されるすべての指示に従って、薬の副作用を予防することができます。そうすることで、早く回復することにも役に立ちます。

不必要な副作用(有効成分に対してアレルギー、長期の副作用、または症状が悪化する)などが発症する場合、早急な手当てを追求するべきです。薬に含まれている成分について、医師と話し合わなければなりません。

ビゴメット250mgの用途

  • 2型糖尿病

ビゴメット250mgのメリット

ビゴメット250mgは、腎臓を血液からグルコースを分離させ、尿を通して放出することで、糖分が過剰に吸収されることを抑えます。これは、食物が消化される際に体内のインスリン産生を増加させます。そのため、足の切断の可能性、腎不全、盲目、および神経系に関係する問題などのような重大な合併症を予防することにも役に立ちます。薬だけに頼らないようにして、日常的に運動することが必要です。

ビゴメットは、ホルモン障害の【多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)】の治療にも使用されます。この薬は、アンドロゲン・女性ホルモンの産生を減少させます。その結果、女性不妊症が改善され、ニキビと肥満の症状が減らされます。

ビゴメット250mgの副作用

  • 吐き気
  • 嘔吐(おうと)
  • 味の変化
  • 下痢
  • 腹部の痛み
  • 食欲の喪失

深刻な副作用を避けるために医師に提供された投与量と指示にちゃんと従ってください。副作用が長期間的に持続したら、医師に相談してください。

ビゴメット250mgの服用法

この薬は、毎日決まった時間に服用する必要があります。食べ物の有無にかかわらず服用することができます。しかし、服用する前に、少しでも健康にいい食事を食べることがお勧めされています。薬を服用した後、きちんと休養を取ることも必要です。意識を必要とする活動を実行しないでください。メトホルミンと相互作用する可能性があるほかの薬を取ることを避けなければなりません。健康的な食事と共に運動ルーチンを維持する必要があります。自分で投与量を変更してはいけません。医師が中止するように指示するまで、この薬を服用し続けなければなりません。この薬は処方薬であり、適切な医療指導とアドバイスの下で使用する必要があります。医師に処方された指示と投与量に従ってください。

薬の働きについて

ビゴメット250mgは、ビグアナイド薬に属します。これは、血液中の血糖値を下げ、食事の後に生成されるインスリンを増加させる効果がある薬です。血流から糖分を減らすのは、糖尿病を治療するために必要なことです。そのため、足の切断の可能性、腎不全、盲目、および神経系に関係する問題などのような2型糖尿病の重大な合併症を予防することにも役に立ちます。血糖値を制御することで心臓病・脳卒中のリスクが減少されます。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)は最も一般的なホルモン内分泌疾患の1つであります。未治療PCOSは、妊娠中に不妊症に至る可能性、または流産につながる可能性があります。この薬はアンドロゲンの産生を減少させる作用があります。

薬を飲み忘れた場合は?

錠剤を服用し忘れても、心配する必要はありません。気づいたらすぐに錠剤を服用してください。次の服用時間になった場合または遅すぎた場合は、飲み忘れた分を飛ばして次回の投与量を服用してください。飲み忘れた分を補うために1回で2回分の投与量を服用しないでください。この錠剤は健康的な食事と共に服用することがお勧めされています。

この薬を買った人は、インボカーナ(カナグリフロジン)100mgも買っています。

銘記のポイント

  • 意識レベルの低下、見方に影響を与えること、めまい、眠気を感じさせるなどの症状を引き起こす可能性があるので、運転する前に服用しないでください。
  • アルコールは薬の作用を妨げられるので、飲酒しながら服用しないでください。
  • 妊娠中・授乳中にビゴメット250mgの使用を避けてください。
  • 腎臓病がある方は、服用する前に医師によく相談することがお勧めされています。
  • 【アミロライドやケトチフェンやベクロメタゾンやベタメタゾン】など他の薬剤との相互作用を避けてください。
  • 健康的な食事と共に日常的な運動をする習慣を守らないといけません。これは、早く回復させ、薬を効果的に働かせます。

よくある質問

ビゴメット250mgの使用とは?

ビゴメット250mgは、2型糖尿病の治療期間に使用されることが知られています。この薬は、月経異常【多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)】の治療のためにも役立つことが知られています。

ビゴメット250mgはいつ飲めばよいの?

ビゴメット250mgは、健康的な食事の後で取ることが一番です。しかし、食べ物の有無にかかわらず服用することができます。

ビゴメット250mgの副作用は?

医師に提供された処方・指示に従って使用しないと、鼓腸、腹部の痛み、下痢、味の変化などのような副作用が発症するかもしれません。ほかの副作用が発生する場合、直ちに医師に連絡してください。

ビゴメット250mgを服用してはいけない方は誰ですか?

妊娠中で、低血糖、高コレステロール、血流量の減少、腎臓・肝臓・膵臓の問題がある場合は、この薬を服用しないことが勧められています。これについて医師と話し合ってください。現在服用されている薬と健康状態についても医師に相談しなければなりません。この薬は、18歳未満の方は使用しないでください。

ビゴメット250mgの服用法は?

毎日決まった時間に、薬を服用してください。自分で投与量を変更してはいけません。医師が停止するように指示するまで、この薬を服用し続ける必要があります。日常的に運動をしたり、健康的な食事を食べたりすることは、治療に有用なものです。

メトホルミンは妊娠中に使用できますか?

近年メトホルミンは、妊娠中に糖尿病の治療に使用できることとして承認されました。

有効成分

メトホルミン

医薬品メーカー

アリスト・ファーマ

剤形

錠剤

1パックの内容

30, 60, 90