アンドロクール(アンドロキュア)50mg

¥7,909.00¥22,857.00

有効成分

酢酸シプロテロン

医薬品メーカー

バイエル

剤形

錠剤

1パックの内容

50, 100, 150

アンドロクール(アンドロキュア)50mg、抗男性ホルモン(抗アンドロゲン)剤です。アンドロゲンの働きを阻害し、体内で産生される男性ホルモンの量を減らします。

商品コード: SKM121 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
50¥7,909.00
158
100¥15,345.00
153
150¥22,857.00
152

アンドロクール50mgについて

アンドロクール50mgは、異常性欲におけるリビドー(性欲)を調整するために使用される抗男性ホルモン(抗アンドロゲン)剤です。この薬は、シプロテロン酢酸エステル(50mg)という有効成分を含んでいます。

アンドロクールは、男性ホルモンの産生に直接作用することで効果を発揮します。アンドロゲンは天然ホルモンであるため、その減少は体内に重篤な副作用を引き起こすことがあります。

成人が、この薬を1日2回服用することができますが、医師が処方した投与量を守ることは大切です。朝晩の食事にあわせて服用する必要があります。治療期間は人によって異なります。治療期間が終了した後、薬の投与量を徐々に減らさなければなりません。医師の指示に厳しく従ってください。

この薬は、18歳未満の男性が使用してはいけません。思春期に入る前に服用すれば、望ましくない副作用がでる可能性があります。また、治療中の副作用を避けるために、治療期間が終わる前、時間が経つとともに、医師は徐々に投与量を減らしていきます。これは、このような薬を中止する最適な方法です。突然中止することは、重い合併症を伴います。

最近心不全になった人や心臓発作が起こった人、高血圧(血圧が高い状態)や糖尿病のある人は、医師が処方した場合のみまたは医師の指導のもとにアンドロクール50mgを使用してください。

アンドロクール50mgを、医師に相談せず、または注意事項を守らずに服用したら、望ましくない副作用(紅潮、頭痛、めまい、目のかすみ、筋肉痛、胃の不調、鼻づまり、発疹など)がでる可能性があります。医師の指示を守ることは、副作用なく、効果的かつ安全に、異常性欲を克服するのに役に立ちます。

他の理由(シプロテロン酢酸エステルに対するアレルギーや不健康な状態など)によって副作用が起こったら、直ちに医師に連絡してください。

アンドロクール50mgの用途

  • 抗男性ホルモン(抗アンドロゲン)剤

シプロテロン酢酸エステルのメリット

この薬は、アンドロゲン(男性ホルモン)の分泌量を減らす効果があります;女性にも存在しますが、ある程度までだけです。アンドロゲンは前立腺細胞の増殖を促進して、前立腺がんを促します。アンドロゲンの分泌量を減少することで、がんの進行も減らすことができます。この薬は、異常性欲の治療に役に立ちます。

女性における過剰なアンドロゲンの分泌は体の髪の余分な成長、抜け毛、ニキビ、脂性肌、頭垢を引き起こす可能性があります。

この薬は、他の薬と併用することで、様々な病気の治療に使用されることが知られています。他の使用方法について、医師に詳しく話してください。この薬は、処方薬ですので、医師に相談せずに使用してはいけません。

抗アンドロゲン剤の主な副作用

医師の指示または注意事項に従うことで、薬の副作用を避けることができます。

薬の使用を始めた後、体に異常に気づいたら、直ちに医師に連絡してください。

薬の起こりうる主な副作用

  • 疲労
  • 体重の変化
  • 頭痛
  • 気分が重い
  • 吐き気やほかの胃腸病
  • 性欲低下
  • 乳房の痛み、サイズの変化、腫れや圧通
  • 男性の乳房肥大
  • 生理異常;斑点
  • ほてり、汗をかくこと
  • 息切れ
  • 骨粗鬆症

アンドロクールは女性に排卵障害、男性に精子生産の低下を引き起こす可能性があります。男性に、勃起不全も引き起こすことがあります。

副作用は人によって異なることがあります。薬を使用する前に、副作用に関して医師に深く相談してください。

アンドロクール50mgの服用法

医師が処方した投与量を服用してください。 薬の服用は自己判断で増やしたり減らしたりしないようにしてください。 アンドロクールは、朝晩の食事にあわせて、1日2回服用する必要があります。

以下のような健康状態がある場合は、アンドロクールを服用してはいけません:

  • 肝臓病
  • 腎臓病
  • 高血圧
  • デュビンジョンソン症候群またはローター症候群
  • 糖尿病
  • うつ病
  • 脳腫瘍

薬を服用する前に、以前患った病気や現在の健康状態について医師とよく話し合ってください。

薬の働きについて

アンドロゲンは、アンドロゲン依存性の臓器に直接作用し、ホルモンの影響を中和します。つまり、この薬は、前立腺をアンドロゲンから保護し、がん細胞の増殖を減少させます。シプロテロン酢酸エステルは、視床下部受容体に負の応答をして、ゴナドトロピンの分解の結果、したがって、アンドロゲンの生産を削減します。男性では、このホルモンの減少は、性欲低下を引き起こし、異常性欲を治療します。

薬を飲み忘れた場合は?

錠剤を服用し忘れても、心配する必要はありません。気づいたらすぐに錠剤を服用してください。次の服用時間になった場合または遅すぎた場合は、飲み忘れた分を飛ばして次回の投与量を服用してください。飲み忘れた分を補うために1回で2回分の投与量を服用しないでください。

銘記のポイント

  • 肝臓病を患う方は使用しないでください。
  • 妊娠中および授乳中の女性は、この薬を避けてください。
  • 抗うつ剤、糖尿病治療薬など、アンドロクールと相互作用する可能性がある薬の服用を避けてください。この点について、医師と深く話し合ってください。
  • アルコールは抗うつ作用があり、薬の効果を妨げることができるので、飲酒しながら服用しないようにしてください。
  • 医師の指示に厳しく従うことは大切です。薬の働き、副作用、注意事項、有効成分(シプロテロン酢酸エステル)に関して医師とよく話し合ってください。

よくある質問

アンドロクール50mgとは?

アンドロクールは抗男性ホルモン(抗アンドロゲン)剤です。体内に存在する過剰なアンドロゲンの分泌量を減らすのに役立ちます。

シプロテロン酢酸エステルとは?

シプロテロン酢酸エステルは、抗男性ホルモン(抗アンドロゲン)剤として知られる薬剤に属する医薬品に含まれる有効成分です。

アンドロクール50mgは副作用がありますか?

軽症うつ病、吐き気、性欲低下、乳房肥大、頭痛、息切れ、発汗、体重変化などの副作用があります。副作用については、必ず医師と十分に相談してください。

シプロテロン酢酸エステルを服用する前に覚えておくべきことは何ですか?

シプロテロン酢酸エステルの服用は、 糖尿病、肝臓病、高血圧などがある場合は、避ける必要があります。妊娠中または授乳中の場合も薬を服用しないことをお勧めします。自分で投与量を変更しないでください。

シプロテロンはどのようにテストステロンをブロックするのですか?

シプロテロン酢酸エステルは、抗アンドロゲン剤として知られている医薬品のカテゴリに分類されます。性欲亢進、前立腺肥大などを治療するために、テストステロン(男性性ホルモン)の量を減少させます。薬は、アンドロゲン-受容体の相互作用をブロックすることによって動作し、それの抗ゴナドトロピック因子によって血清のテストステロンを削減します。

シプロテロンは勃起不全の原因になりますか?

はい、シプロテロンの服用後に勃起を維持することができなかった方がいたと報告されています。勃起不全は、薬の副作用の一つとして知られています。

有効成分

酢酸シプロテロン

医薬品メーカー

バイエル

剤形

錠剤

1パックの内容

50, 100, 150