アナフラニール75mg

¥4,860.00¥6,000.00

有効成分

クロミプラミン塩酸塩75mg

医薬品メーカー

ノバルティス

剤形

錠剤

1パックの内容

60, 80, 100

アナフラニール75mgは、三環系抗うつ剤です。強迫性障害の症状である、繰り返し起こる思考や感情、反復性行動の治療に効果があります。

商品コード: SKM151 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
60¥4,860.00
81
80¥5,760.00
72
100¥6,000.00
60

アナフラニール75mgについて

アナフラニールは、大人および子どもの強迫性障害(OCD)の治療に使用されます。

この薬は、選択的セロトニン再取り込み阻害剤と呼ばれる薬剤のカテゴリーに属します。セロトニンの生成を高める作用があります。セロトニンは、気分を安定させ、うつ病を治療します。

医師に相談せずに薬を服用したら、悪影響を及ぼす恐れがあります。医師が処方した量を服用することで、心拍数の増加、体重増加、排尿困難、起立性低血圧(急に立ち上がったり、起き上がった時に血圧が低下する)、口腔乾燥症(口の渇き)、便秘、目のかすみなどの副作用を防ぐことができます。服用量は方によって異なります。

食事の有無を問わず服用することができますが、安全のために、服用する前に、栄養のバランスをとれた少脂肪食を摂ることをお勧めします。過去に服用していた薬と現在の健康状態について医師に伝えてください。また、アレルギー反応を避けるために、薬のすべての成分についても医師に聞いてください。

高血圧、腎臓や肝臓の病気を患っている方には、アナフラニールを摂取しないようにお勧めします。胎児や赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす可能性があるため、妊娠中および授乳中の女性は、この薬を避けてください。アルコールは抗うつ剤であり、薬の作用を妨げる可能性があるため、薬を使用する際はアルコールの摂取を控えてください。この薬は脳の働きを鈍くし、めまいを感じさせます。薬を服用している限り、どんな仕事もせず、適切な休養をとるのが一番です。

1日1回、同じ時間帯に薬を服用してください。突然の気分の落ち込みや、自殺や自傷行為の考えを持つ場合は、すぐに医師に連絡してください。

アナフラニール75mgの用途

  • 強迫性障害(OCD)

アナフラニール75mgのメリット

アナフラニール(クロミプラミン)は、FDA承認薬です。この薬は、不要な考えを考えすぎないようにすることで、行動を繰り返し行う衝動を抑制することができます。例えば、手を洗う、掃除する、物を並べる、数を数える、などの行動です。これにより、日常生活を改善することができます。

アナフラニール75mgの副作用

  • 心拍数の増加
  • 体重増加
  • 排尿困難
  • 起立性低血圧
  • 口の渇き
  • 便秘
  • 目のかすみ
  • 下痢
  • 視力の変化
  • 耳鳴り
  • 乳房の膨らみ(男女とも)
  • 性欲減退
  • インポテンス
  • オーガズム症

副作用を避けるために医師の処方に従うことは大切です。薬の服用は自己判断で増加したり減らしたりしないようにしましょう。途中で薬を中止すると、禁断症状が出る恐れがあります。

アナフラニール75mgの服用法

薬を丸ごと服用してください。医師が処方した投与量を指示された時間に服用してください。人によって投与量が異なるため、適量を守らずに服用すれば望ましくない副作用が起こる可能性があります。食事の有無を問わず服用することができますが、アナフラニールの服用前に脂肪食の少ない、栄養のバランスをとれた食事を摂ることが勧められています。

胎児や赤ちゃんの成長に悪影響を与える恐れがあるため、妊娠中または授乳中の方は服用しないでください。心臓、肝臓や腎臓の病気がある方には服用しないようにお勧めします。アナフラニールとほかの薬との相互作用については、医師と深く話し合ってください。

治療が完了するまでには数週間かかることがあるので、薬の服用を続けてください。調子が良くなったからといって、医師に相談せずに薬を中止することはお勧めしません。途中で急に服用を止めると、禁断症状を引き起こす可能性があります。

薬の働きについて

アナフラニール(クロミプラミン)は、強迫性障害(OCD)の原因となる反復性行動を防ぐ効果があります。手洗い、数を数えるなどの行為を繰り返すことは、日常生活に支障をきたす傾向があります。アナフラニールは、脳に存在するセロトニン濃度を高めることによって、脳をリラックスさせ、ストレスを解消し、うつ病を治療することもできます。

薬を飲み忘れた場合は?

薬を飲み忘れた場合は、心配する必要はありません。気づいたらすぐに飲み忘れた分を服用してください。次の服用時間に迫っている場合には、次回の服用分から服用してください。飲み忘れた分を補うために、1回に2回分の投与量を服用しないでください。

銘記するポイント

  • 飲酒しながら薬を服用しないでください。アルコールは抗うつ剤なので、薬の効果を妨げてしまうことがあります。
  • 胎児や赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす恐れがあるため、妊娠中および授乳中の女性はこの薬を避けてください。
  • 高血圧、糖尿病、肝臓や腎臓の病気がある方、または最近回復したばかりの方は、この薬を服用しないでください。
  • すでにほかの薬や治療を受けている場合は、アナフラニールを服用しても危険がないかどうか、医師に聞いてください。
  • この薬は、医師に処方された量より多く服用すれば、セロトニン症候群を引き起こす可能性があります。

よくある質問

アナフラニールはどのような治療に使われるのですか?

アナフラニール75mg錠は、強迫性障害の治療に使用されます。考えすぎることによって起こる、繰り返し行う行動の衝動を抑えることができます。例えば、手洗い、掃除、物の配置換え、確認などの行為は、日常生活に支障をきたす傾向があります。 

クロミプラミンとは何ですか?

クロミプラミンは、アナフラニールの一般薬用名です。OCD(強迫性障害)の治療に使用されるFDA承認の有効成分です。

クロミプラミンはどれくらいの期間、効果がありますか?

治療過程は数週間にも及びますので、服用を続けてください。たとえ気分が良くなってきても、治療が完了するまで服用を止めないでください。

クロミプラミンに副作用はありますか?

めまい、眠気、口の渇き、便秘、胃のむかつき、吐き気、嘔吐、食欲・体重の変化、顔の紅潮、発汗、倦怠感、目のかすみなどの副作用が、決められた量を超えて使用した場合に起こる可能性があります。

クロミプラミンを過剰に摂取するとどうなりますか?

医師から指示された量だけ服用することが厳密に推奨されています。副作用を避けるため、自己判断で薬の量を変更しないでください。服用量は、個人差や症状の重さによって異なります。薬を服用する前に、過去に服用した薬や現在の健康状態について医師に伝えてください。さらに、アレルギー反応を避けるために、薬に含まれる成分について、医師と十分に話し合ってください。

アナフラニールは不安症に効果がありますか?

アナフラニールは、強迫性不安障害の治療に使用されるFDA承認のお薬です。この薬は、掃除、物の配置換え、手洗いなどの作業を繰り返し行いたいという衝動をリラックスしてコントロールするのに役立ちます。

アナフラニールはどの程度効きますか?

この薬は、最大8.1/10人の強迫性障害の治療において良い結果を示しています。

アナフラニールと一緒にアルコールを飲んでも大丈夫ですか?

アナフラニールは三環系抗うつ剤です。アルコールとの併用は、あまり効果的でないことが分かっています。アルコールが薬の働きを邪魔してしまうのです。

有効成分

クロミプラミン塩酸塩75mg

医薬品メーカー

ノバルティス

剤形

錠剤

1パックの内容

60, 80, 100