アルダクトン(スピロノラクトン)25mg

¥367.00¥1,005.00

有効成分

スピロノラクトン25mg

医薬品メーカー

RPG Life Sciences

剤形

錠剤

1パックの内容

30, 60, 90

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgは、利尿剤としても知られています。高血圧の治療と心不全の場合に使用されます。

商品コード: SKM182 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
30¥367.00
12
60¥688.00
11
90¥1,005.00
11

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgについて

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgは、利尿剤・降圧剤で、心臓発作・高血圧・腫れ(浮腫)を治療するために用いられています。余分な水分を尿として排出する働きがあるため、利尿作用があると言われています。ほかのいくつかの疾患によって引き起こされる腫れ(浮腫)を軽減する役割もあります。アルダクトンは、スピロノラクトンが含有され、カリウム保持性利尿薬に属した医薬品です。この薬は、体内の低カリウム値の治療にも役立つことが知られています。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgは、1993年にインドで設立されたアール・ピー・ジー・ライフ・サイエンスが製造・販売しています。現在は、医薬品原料、処方薬、農業用化学品などの製造・販売を行っています。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgは、幾つかの副作用が起こることが報告されています。副作用を避けるために医師が処方した投与量を服用してください。妊娠または授乳中の方は服用する前に医師と相談する必要があります。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgの働きについて

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgは、カリウム保持性利尿薬に属する医薬品です。有効成分としてスピロノラクトンは含まれています。この薬は、通常、高血圧、心性浮腫(うっ血性心不全)肝性浮腫、腎性浮腫の治療およびアルドステロン症の診断と症状の改善に使用されています。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgを服用すると、腎臓の遠位尿細管に作用して、体内の余分な水分を塩分とともに尿として排出し、むくみ(浮腫)を解消して高血圧を低下されます。利尿剤と言われているアルダクトン25mgは、血圧を下げる効果自体はそれほど強くなく、主に足や顔のむくみを解消するために服用する人が多いようです。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgの利点所:

ほかの一般的な利尿剤は、体内の水分とともにカリウムを体外に排出するために、低カリウム血症の’副作用を引き起こすという欠点があります。低カリウム血症になると筋力低下、麻痺、呼吸不全、痙攣などの症状が出ることがあります。アルダクトン(スピロノラクトン)25mgは、このような低カリウム血症を引き起こすことができる利尿剤とは異なり、体内のカリウムを排出せずに効果を発揮することができるため、ほかの利尿剤の服用によって、経口カリウムが減少している方や、もともと血中カリウム濃度が低い方でも安心して服用していただくことが可能です。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgの副作用

主な副作用:主な副作用として、吐き気、嘔吐、脚の痙攣、めまい、眠気、混乱、女性型乳房、血中クレアチニン濃度上昇が現れることがあります。

稀な副作用:ほかの発現頻度の低い副作用である乳房腫脹、性欲減退、陰萎、多毛、月経不順、無月経、閉経後の出血、音声低音化、発疹、蕁麻疹、食欲不振、悪心、口渇、下痢、便秘、倦怠感、心悸亢進、発熱、肝斑などが出る可能性があります。

重大の副作用:重度な副作用として、中毒性表皮壊死融解症、急性腎不全、皮膚粘膜眼症候群、電解質異常(高カリウム血症、代謝性アシドーシス、低ナトリウム血症など)が報告されています。

副作用が長期間に続く場合や悪化した場合、または以上の副作用以外にもほかの気になる症状が現れる場合には、速やかにかかりつけの医師に相談してください。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgの用法・用量

通常、1日1回1錠を服用することがすすめられていますが、医師が処方した通りに服用してください。薬の投与量は年齢・症状によって、適宜増減されるので、医師に相談せずに服用しないように注意してください。毎日決まった時間に服用してください。

夕飯後の服用は、夜間排尿のため睡眠を妨げることがあります。医師の指示がない限り、夜間服用は避けてください。

薬を飲み忘れた場合:錠剤を服用し忘れても心配する必要はありません。飲み忘れた場合には、気が付いた瞬間、1回分を服用してください。次の服用時間に迫っている場合には、次回の投与量から服用しても大丈夫です。

注意:忘れた服用量を補うために一回に2回分を服用しないでください。医師の指示なしに、自己判断で服用を中止しないでください。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgの使用上の注意

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgの服用に注意する必要がある方:

以下の方は服用する前に医師に相談する必要があります:

  • 心疾患がある高齢の方、重大な冠硬化症または脳動脈硬化症のある方
  • 妊娠中、妊娠の可能があるもしくは授乳中の方
  • 乳児
  • 高齢者
  • 腎臓病の方
  • 肝臓病の方

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgを使用してはいけない方

  • 有効成分であるスピロノラクトンに対して過敏反応の既往歴がある方
  • 高カリウム血症を患う方
  • アジソン病を患う方
  • 無尿または急性腎不全がある方
  • タクロリムス、エプレレノン、ミトタンを服用中の方

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgを使用している際、下記のポイントに注意する必要があります:

  • アルコールと一緒に服用しないでください。
  • この薬は、プログラフ(タクロリムス)、セララ錠(エプレレノン錠)、オペプリム(ミトタン)と併用しないように服用してください。
  • 本剤を服用することによって、ふらつきやめまいなどが起こることがあるので、車の運転や高所作用、危険な機械の扱いには充分注意してください。

よくある質問

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgは何ですか。

アルダクトン錠剤は、スピロノラクトンの成分が含まれているカリウム保持性利尿薬です。体内の余分な水分を体外へ排出する作用があるので、利尿剤と言われています。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgの使用は何ですか。

アルダクトンは、利尿作用があり、高血圧、心性浮腫、腎性浮腫、特発性浮腫、悪性腫瘍に伴う浮腫及び腹水、栄養不良による浮腫、原発性アルドステロン症の診断と症状の治療に服用することができます。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgの副作用は何ですか。

主な副作用として、吐き気、嘔吐、脚の痙攣、めまい、眠気、混乱、女性型乳房、血中クレアチニン濃度上昇が現れることがあります。副作用を避けるために医師が指示した処方に従ってください。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgの服用は安全ですか。

腎臓病がある場合、高カリウム血症がある場合、アジソン病の場合、排尿ができない場合、エプレレノンを服用している場合などは、アルダクトンを注意深く使用する必要があります。薬を服用する前に医師によく相談してください。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgは避妊薬と一緒に服用できますか。

避妊薬との併用で相互作用や副作用の可能性が報告されていないので、安心して服用できますが、場合によっては、相互作用が起こる可能性があります。そのために、併用する場合は、まず医師に相談することがおすすめです。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgは腎臓に有害ですか。

アルダクトンは、特に腎機能低下のかたでは、急性腎不全を引き起こす可能性があります。そのため、腎臓病がある方は医師に相談せずに薬を服用してはいけません。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mg服用中に避けるべき食品は何ですか。

アルダクトンを服用している限りは、塩分や塩分代替物の過剰摂取を避ける必要があります。カリウムが含まれているバナナ、ほうれん草、サツマイモ、ココナッツウォーター、アボカドなどをなるべく避けてください。アルダクトン錠の服用中に避けるべき他の食品について、詳しくは医師に相談してください。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgは高血圧症に効きますか。

はい、アルダクトンは高血圧症の治療に効果的です。利尿剤で、体内の余分な水分を排出して、血圧を下げる働きがあります。アルダクトンは、医師から処方された場合のみ服用してください。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mgはいつ服用したほうが良いですか。

アルダクトンは、体内の余分な水分を排出する働きがあるため、尿の量が多くなることがあります。夜間排尿のため睡眠を妨げることがあるため、医師の指示がない限り、夜間服用は避けてください。

有効成分

スピロノラクトン25mg

医薬品メーカー

RPG Life Sciences

剤形

錠剤

1パックの内容

30, 60, 90