エアロコートインヘラー50mcg+50mcg

¥851.00¥1,848.00

有効成分

ベクロメタゾン+レボベクロメタゾン

医薬品メーカー

シプラ

剤形

インヘラー

1パックの内容

1, 2, 3

エアロコートインヘラー50mcg+50mcgは、ベクロメタゾン/ レボサルブタモールの組み合わせです。これは喘息の治療に使用されます。

商品コード: SKM247 カテゴリー:

Available Options

1パックの内容販売価格内容量価格注文
1¥851.00
851
2¥1,356.00
678
3¥1,848.00
616

エアロコートインヘラー50mcg+50mcgについて

使用・効果

エアロコートインヘラー50mcg+50mcgは【短時間作用型】と呼ばれるグループに属します。

このインヘラーは喘息とCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の「せき、喘鳴や息切れ」などの症状を治療するために使用されます。エアロコートはステロイド薬ではなく、気道の筋肉を弛緩させ、呼吸をしやすくさせます。

有効成分

エアロコートインヘラー50mcg+50mcgは2つの異なる成分【ベクロメタゾン+レボサルブタモール】を含有しています。この薬は喘息の長期管理に適切にしているため、急性発作に対する効果を発揮しません。エアロコートインヘラーの一つの成分【ベクロメタゾン】は吸入副腎皮質ステロイドです。これは炎症を引き起こす物質であるサイトカイン・マスト細胞・好酸球などを減少させ、血管透過性を制御作用により、気道の抗炎症作用を発揮します。

一方、もう一つの成分【レボベクロメタゾン】は短時間作用性β(ベータ)2アドレナリン受容体刺激剤のアルブテロールの異性体です。これは気道の筋肉を弛緩させる作用を持っています。この成分は、気管支喘息の治療に必要な薬剤です。

作用時間

医師の指示に基づいて、適切な量を使用するようにしてください。必要な時だけ使用してください。そして、せき、喘鳴や息切れなどの症状に気づけば、または階段を登ったり、スポーツしたりするのような運動のときは使用することがお勧めされています。

製薬会社について

シプラという会社が製造・販売しています。1935年にインド・ムンバイに設立されたこの製薬会社はジェネリック医薬品の大手メーカーです。

エアロコートインヘラー50mcg+50mcgの働きについて

エアロコートインヘラー50mcg+50mcgは、呼吸の問題から早い救助を得せる効果があります。たいていの場合、症状を防ぐためにもう一つのインヘラーもお勧められ、このインヘラーは毎日使用する必要があります。エアロコートの効果は数時間続けることがされています。このインヘラーは、喘息とCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者に、「せき、喘鳴、呼吸困難(呼吸苦しい)、胸部圧迫感」などの症状を和らげることに役立ちます。喘息とCOPDの長期的な症状を和らげさせ、呼吸をしやすくします。炎症を引き起こす特定の化学伝達物質の放出を阻害し、気道の筋肉をリラックスさせます。

エアロコートインヘラー50mcg+50mcgの副作用

主な副作用:

ベクロメタゾンとして

  • 子ども・青年の発育遅延
  • あざができやすい
  • 口腔カンジダ
  • 過敏反応
  • 副腎抑制
  • のどの炎症

レボベクロメタゾンとして

  • 軽度の震え
  • 頭痛
  • 奇異気管支けいれん
  • 低カリウム血症
  • アレルギー反応
  • 頻脈性めまい
  • 筋けいれん

稀な副作用:

ベクロメタゾンとして

  • クッシング症候群
  • 骨ミネラル濃度減少
  • 白内障
  • 緑内障
  • 奇異気管支けいれん

※他に気になる副作用が出た場合には、医師の診療を受けてください。

※副作用が長期間に続く場合も悪またはした場合は、インヘラーの服用を中止して医師に連絡してください。

エアロコートインヘラー50mcg+50mcgの用法・用量

エアロコートの作用時間は、ほとんどの患者で4〜6時間です。

β2刺激薬の使用が増えることは、喘息の悪化の兆候である可能性があります。このような状況では、患者の治療計画の再評価が必要な場合があります。

グルココルチコイド補助療法を検討する必要があります。

過量投与による副作用が懸念されるため、投与量や投与回数の増量は慎重に行い、医師の指示により増量します。エアロコートは経口吸入経路でのみ投与されます。

成人:1回2噴射を1日3〜4回吸入する必要があります。

小児:1回1〜2噴射を1日3〜4回吸入することが必要があります。

必要な場合、200μgに増量することにします。

症状などによって、最低効果がある用量が減量できます。

インヘラーを使用し忘れた場合は?

決まった時間に使用し忘れた場合は、思い出し次第なるべく早く使用して下さい。しかし、思い出した時間が次の使用時間に近い場合は、1回分を飛ばしても問題ありません。

忘れた用量を補うために倍量使用しないで下さい。

この薬を買った人は、ベントリンCFCFree吸入器100mcg/18mgも買っています。

注意:医師に相談せずにインヘラーの使用を避けてください。

エアロコートインヘラー50mcg+50mcgの使用上の注意

エアロコートインヘラー50mcg+50mcgを使用に注意すべき方:

  • この薬が含有されている有効成分に対して既往歴・過敏症のある方
  • ステロイド依存の方は、ベクロメタゾンインヘラーを別に使用することが望ましいです。
  • 外傷や手術や感染などのある方は回復するまで特別な配慮する必要があります。
  • 心血管のような基礎疾患のある方
  • 冠不全・高血圧・けいれん性疾患のある方

ほかの注意すべき点:

  • エアロコートインヘラーと共にアルコールの摂取は安全ではないとされています。ですので、アルコールを摂取する前に医師に相談してください。
  • エアロコートインヘラー50mcg+50mcgは、妊娠中に使用することが危ないかもしれません。とはいえ、このインヘラーが赤ちゃんの発育に影響があるという研究はほとんどありません。
  • このインヘラーの成分への過敏症の既往歴がある場合、使用は禁忌です。

よくある質問

エアロコートインヘラー50mcg+50mcgとは?

これは短時間作用型というグループに属し、喘息とCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の症状(せき、喘鳴や息切れ)などを治療するために使用されます。

エアロコートインヘラー(ベクロメタゾン+レボサルブタモール)はステロイドですか?

ステロイドではなく、「交感神経作用(β2刺激薬)気管支拡張剤」であります。

ベクロメタゾンの作用は何ですか?

ベクロメタゾンは吸入副腎皮質ステロイドで、炎症を引き起こす物質であるサイトカイン・マスト細胞・好酸球などを減少させます。このため、血管透過性を制御作用により、気道の抗炎症作用を発揮します。

レボサルブタモールの作用は何ですか?

レボベクロメタゾンは短時間作用性β2アドレナリン受容体刺激剤のアルブテロールの異性体で、気道の筋肉を弛緩させる作用があります。

エアロコートインヘラーの効果はいつから始まりますか?

エアロコートインヘラーは筋肉を弛緩させることにより、息をしやすくする効果があります。呼吸の問題を素早く解決するので、「緩和薬」と呼ばれています。本剤は効き始め、効果は3〜5時間持続します。吸入器を使用することで、息を吸った時に薬が気道に直接入るようになります。

エアロコートインヘラーは1日何回使用できますか?

通常、有効量は1回4mgを1日3〜4回です。十分な気管支拡張効果が得られない場合は、1回の投与量を徐々に増やし、8mgまで増量することができます。

ベクロメタゾン+レボサルブタモールの副作用は?

ベクロメタゾンとして【子ども・青年の発育遅延、あざができやすい、口腔カンジダ、過敏反応、副腎抑制、のどの炎症】、そして、レボベクロメタゾンとして【軽度の震え、頭痛、奇異気管支けいれん、低カリウム血症、アレルギー反応、頻脈性めまい、筋けいれん】などの副作用があります。

エアロコートインヘラー50mcg+50mcgは安全ですか?

正しく使用すれば、エアロコートインヘラー50mcg+50mcgは安全と非常に効果的な薬です。副作用もあまりありません。

有効成分

ベクロメタゾン+レボベクロメタゾン

医薬品メーカー

シプラ

剤形

インヘラー

1パックの内容

1, 2, 3